最近の記事
2015年06月08日10時05分
入居者紹介「Gorai’インタビュー」vol.22
株式会社ルシール・ニコ 専務取締役 Director
水畑 智義さん
【総合建築業】

046.JPG

新築やリフォーム、ビルのリノベーションも。
ルシール・ニコは、東広島に事務所を持つ水畑さんと、広島市内で工務店を営む西田さんのコラボ会社。
共同で住宅や店舗の新築やリフォーム、ビルやマンションのリノベーションなど、建築全般を請け負う。木造、RC(鉄筋コンクリート)、いずれも対応できる。
昨今は、大手メーカーなどが作ったパーツを組み合わせて家が建つ時代。職人の技術を必要とされる場面は殆どない。
「そこに、面白味はない」
と、水畑さん。小さな会社だからこそ持つ各々の強みを活かして、自分たちだからできる個性的な物件をつくりたい。
「できないと諦めていた可能性を、拡げたい」
そんな熱い思いを抱き、多様な人が集まるSO@Rビジネスポートを拠点に、今年3月、ルシール・ニコを設立した。

031.JPG

祖父の代から大工の血筋。
水畑さんの実家は大工。京都で、父は棟梁、祖父は製材所をしていた。子どもの頃から、木材や金槌が身近にあり、木切れなどで遊んでいたという。
「作ることが好きだった」
父を継ぐつもりは無く、20歳の頃には仕事を転々とした。
しかし父と祖父のDNAは、しっかり受け継いでいた。
友人の親が大工で誘われたのをきっかけに、
「やってみようかな」
と思ったのだそうだ。
大工見習いから始め、1年で独立。23歳の時だった。
本人曰く、
「負けず嫌い」
結婚を機に東広島に来て、27歳で家も建てた。
そんな水畑さんだが、20年余、この仕事を続けられているのは、
「周りの人に助けられたから」
と、謙虚。

若い職人が育つ場所をつくりたい。
20年間も事業を継続する中には、きっと様々な苦労があったに違いない。しかし、
「楽しかった」
と、ポジティブな答え。
「昔の現場では、考えることが楽しめた」
棟梁は厳しかったし、仲間とぶつかり合うこともあったが、そこには愛情が感じられた。
昨今は技術も必要とされなくなり、職場で我を出すこともない。
せっかく大学で建築を学んで大手に入社しても、数か月で辞めていくケースが少なくない。
「技術を身につける場が少なくなった」
そこに問題があると、水畑さんは危惧している。

073.JPG

「若い子が育つ場所をつくりたい」
大手の下請けでは、価格をたたかれ、技術を活かせる仕事ができず、職人は育たないうえ、腕のいい昔ながらの職人たちの活躍の場もない。
「小さいけれども、集まったら何かできないか!?」
デザイナーたちが、価格や技術の問題で、
「やりたいことが、できない」
と嘆いている姿を見ると、
「どうにか、やってあげたい」
空ビルや古いビルを面白い企画で蘇らせたり、特殊な建築で住宅を普及させたり、店舗や古民家、リノベーションなど、まだまだ可能性はあるはずだ。
ルシール・ニコの挑戦が、始まった。


インタビュアー : (株)ソアラサービス 代表取締役社長 牛来千鶴



posted by SO@R at 10:05 | 広島 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●入居メンバー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月13日18時38分
入居者紹介「Gorai’インタビュー」vol.21
株式会社アイヴィジット オペレーション本部 中国・四国支店マネージャー
大野 拓さん
【営業販売支援、行政サービス支援、各種調査代行・支援、イベント企画・運営】

1.jpg

行政サービスや営業などの支援を請け負う。
株式会社アイヴィジットの本社は東京。株式会社もしもしホットラインの全額出資で設立され、現在は8期目。
SO@Rビジネスポートには4年前から入居。翌2012年に、中国・四国支店が開設された。
派遣業とよく間違われるというが、登録スタッフと必要に応じて契約して派遣する形態ではなく、社員として雇用したスタッフを現場に常駐させて業務を請け負う。
たとえば、行政の中にある案内センターの業務を一括して請け負い常駐スタッフを置いたり、民間企業の中にスタッフを置いて、テレフォンアポイントがメインの営業支援をしたり。さまざまな役割をアウトソーシングで請けている。
現在、中国・四国支店には、契約社員を含め約130人が在籍し、9箇所の現場に配属されている。
大野さんは、その全ての現場のマネージャーとして、採用や採用後フォローを担っている。

働く人が、長く続けられるように。
この4月から、新たに新規で加わった現場は、岡山。広告代理店の営業支援だ。全国で展開している事業で、岡山では5人を採用。本社で2週間の研修後、現場での営業活動が始まる。
この5人が辞めないように、また、万一でも切られることのないようにフォローし、成果をあげるよう指導していくのが大野さんの仕事だ。
採用時には、まだ見ぬ職場への不安を取り除いたり、会社の雰囲気にのみ込まれないようメンタル的な悩みも聴き、クライアントにどこまで踏み込むかなど、アプローチ方法についても助言する。
2.jpg
どこの現場でも、社員が長く続けられるよう気を付けているのは、
「表面でつきあわないこと」
と、大野さん。
趣味など、仕事とは直接関係なさそうな話をふってみて、共感できる部分を見つけるのはもちろんのこと、例えば相手が男性であれば、外見の欠点を言い合える仲にまでなれるよう意識しているという。個別で話をしている時にふと、
「今がそのタイミング」
と懐に入る瞬間があるのだという。

考えるより、感じる。
採用の際、(仕事が)続く人を見極めるのは、見た目ではわからない。スーツを着て気合いを入れて来た人が続かなくて、私服で軽いノリで来た人が続いたりもするという。
「長く続くかを100% 見極めるのは、無理」
と言う大野さんだが、リクルーティングの仕事の経験は長く、同社に入社する前に10年間を管理職として務めた。
大学卒業後すぐに、ベンチャー企業を立ち上げたが、人で苦労したので、勉強したいと思って、人材派遣の仕事に飛び込んだのだという。

3.jpg

新規の現場が決まってから、立ち上げまでに2週間しかないということもあたりまえ。人が来なかったらどうするのか? 率直に質問を投げかけたところ、
「人が来なければ、自身が入ればいい」
と、腹をくくった言葉が返ってきた。
また、現場に居て、OJTで指導するならまだしも、基本は、みんな離れた現場にいる。特に、営業支援といった難しい仕事については、どのように指導しているのか?
「営業は、マインドが一番大切」
と、大野さん。
「心が離れたら、数字も上がらない」
だから、とにかく話をよく聴くようにしているのだという。
電話のダイヤルが押せないという人もいる。
商材の案内ができないのか、商材の売り込みができないのか、どのアプローチでつまずいているのかを確認し、解決していく。

4.jpg

中国、四国の9箇所の現場と広島を行き来し多忙な日々を過ごす大野さんの趣味は、映画や音楽。
好きな言葉は、ブルース・リーの
「Don't think. FEEL!(考えるな、感じるんだ!)」
かつて人で苦労し、勉強のためにと選んだ、人と深く関わる仕事。
「言葉にできないことの中に、一番大切なものがある」
そう語る大野さんからは、今の仕事が天職のように見える。

これから。
SO@Rビジネスポートは、同社の中国・四国支店の拠点。大野さんのほかにプロジェクト責任者の若狭さん、事務や労務の山本さんの2人が入居している。
若狭さんは、教科書出版社を定年退職後、人と逢う仕事を求めて入社。厳格そうだが、実は面白い。
山本さんは、100人を超える社員の雇用契約や経費精算などを一手に引き受け、頼れる存在。いつも明るく職場の空気をつくっている。
5.jpg

先日も新たなプロジェクトを受託した。
このため現在の個室の隣に更に10坪の個室を借り、延床は26坪に拡がった。マイナンバー導入を機に、今後、自治体等へ益々積極的なアプローチをしていく。
更なる発展を目指し、前向きに走り続ける姿は、頼もしい。


インタビュアー : (株)ソアラサービス 代表取締役社長 牛来千鶴

posted by SO@R at 18:38 | 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●入居メンバー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月09日18時02分
入居者紹介「Gorai’インタビュー」vol.20
東洋フードサービス株式会社 代表取締役社長
大成 浩之さん
【食堂・受託給食業務の管理運営】

大成さん01

起業から4年で、売上1億5千万円に。
病院、・老健施設・企業・学校等の受託給食業務の管理運営、施設内宴会場・レストラン運営、弁当・惣菜の小売販売、飲食店経営を業とする東洋フードサービス。
大成さんが、同社を設立したのは、2010年。長年、給食業務に関わってきたが、老人ホームや病院でお年寄りが出した食事を食べないのを目の当たりにし、
「おいしいものでなければ!」
と奮起し、起業したという。
「食べないと意味がない。味も、見た目も!!!」
志は高い。
しかし、老舗競合がある中、多くの苦難があったという。大変な思いをしたが、どうにか乗り越えた今、広島県女性総合センター(エソール広島)や、崇徳高校野球部・柔道部の寮、岩国郵便局など、17箇所の管理運営を受託。
起業からわずか4年で、年商は1億5千万円、抱えるスタッフは60人に上る。

大成さん02

「負けず嫌い」から、プロボクサーの道へ。
大らかで、いつもニコニコ優しい笑顔の大成さん。そんな大成さんから、意外にも、
「ボクは負けず嫌いなんで・・・」
という言葉が、取材中、たびたび飛び出した。
子どもの頃から、運動会でもマラソンでも、負けたことが無いという。小学2年から中学3年まで毎年必ず学級委員を務めたし、児童会の役員にも選ばれた。陸上大会では、呉の地区大会でいつもナンバーワンだった。
「一番努力した人が、一番になる」
そう信じ、何でも一生懸命やってきた。
高校では陸上部に入ったが、1週間で辞めた。理由は、自分以外の部員の足(走り)が遅かったから。
「全国を目指したかった」
そんな大成さんが選んだのは、個人競技。
なんと、ボクシングだった。

大成さん03

実は、大学時代にプロボクサーにまでなった。
高校1年で始めて、2年生の時からずっと、インターハイや国体に出場。大学では1年生の時、リーグ戦レギュラーで全勝。正直、
「もの足りなかった」
だから、2年生になった時にプロテストを受けた。その後3年間、プロボクサーとして活動した。
大学卒業後は、百貨店に入社。外商を4年間務めた。研修では一番の成績をあげ、売上はいつもトップクラスだったという。
「負けず嫌い」
それは、いつも大成さんの原動力になっている。


食のプロとして。
百貨店での営業力をもって転職した先は、広島駅弁。100件以上の委託給食運営実績のほか、新規事業をいくつも手掛けた。
1994年にアジア競技大会が広島で開催された折には、大会スタッフ5万人もの弁当を毎日提供した。
そのノウハウを活かし2002年には惣菜部門を立ち上げ、年商20億円の事業を軌道に乗せた。

大成さん04

2002年には、安芸高田市の総菜製造工場開設に責任者として関わり、オール電化システムと生産農家の生鮮食品を最短ルートで商品化する新システムを構築。
農家とのダイレクトな取引を進めることなど、難題は少なくなかったが、持ち前の負けん気で努力し開業に漕ぎつけた。
同施設は現在、米穀類の精米・炊飯加工のほか、惣菜の製造加工、市の給食センターとしても機能している。


経営者としての器。
「自分で欲しいものは、手に入らないものは無いと思っていた」
という大成さん。
「素質より、努力」
その言葉から、人一倍、努力してきたことが伺える。
そんな大成さんを、頼りにする人も少なくない。食関係で起業したいという人に親身になってアドバイスしたり、また、異業種交流会では役を任されたり。
しかし、スタッフを60人も抱えていると、待遇改善の要求や、人間関係による配置換え希望など、重たい問題も尽きない。
オンオフを切り替え、楽しむ余裕を忘れない。
飲みの席では、自ら楽しみ、且つ相手を飽きさせることはない。SO@Rビジネスポートのゴルフ同好会にも参加し、広島近郊はもとより、時には泊まりがけで出掛け仲間たちと楽しむ。

大成さん05_b

そんな大成さんの、目標は明確だ。
「受託給食数50件、年商10億円!」
そう宣言して、自らに檄を入れる姿からは、
「一番努力した人が、一番になる」
と、子どもの頃から信じ、プロボクサーにまでなった、大成さんの強い信念が感じられる。
”負けず嫌い”がもたらす力で、この大きな目標も、きっと達成されることと思う。

インタビュアー : (株)ソアラサービス 代表取締役社長 牛来千鶴

posted by SO@R at 18:02 | 広島 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●入居メンバー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年10月17日11時44分
入居者紹介「Gorai’インタビュー」vol.19
ピュアセンス株式会社
今橋 正次郎さん
【技術サービス業】

422_01b

週末起業家として、身の丈で再スタート。
今年8月にSO@Rビジネスポートに入居した、今橋さん。
本業は、設計会社に勤務する設計コンサルタント。
下水道のシールドや貯留管など、土木関係の設計を数多く手掛けてきた。引き合いも多く、徹夜を強いられるほど多忙なことも少なくない。そんな中、やりたいビジネスがあるのに、なかなか時間が割けない。SO@Rビジネスポートへの入居を機に、新事業を推し進めようと考えた。
実は、今橋さんにとって、今回が4度目の起業。
過去の失敗経験から、今できる身の丈に合ったやり方で、自分の考えに基づいて、行動に移そうと思ったという。

422_02

このたびの起業で今橋さんが実用化を目指しているのは、
「機能シェーカー」。
液体の浸透性を上げ、また、電位を低くして劣化や酸化を防ぐという製品で、学術的な根拠も明確にし、特許も取得済み。デザインは、大阪のデザイナーが手掛けた。
養毛剤や、健康食品、美容関連の商品容器など、多様な用途が考えられ、可能性は大きい。今後は、メーカー等へのアプローチを積極的に図っていきたい。

4度目の起業、その理由。
安定した設計コンサルタントの仕事がありながら、リスクを負ってまで新事業を立ち上げるのはなぜか・・・
純粋な疑問に、今橋さんから返ってきた答えは、
「無駄にしないため」

422_01

それは、過去に起業で壮絶な失敗経験をし、そこから這い上がってきた今だからこそ、痛切に思うことである。
1度目の独立は26歳の時。20歳で大阪の設計コンサルタント会社に就職し、4年も経った頃には(本人曰く)全てを知り尽くした気になって退職した。 独立して設計事務所開設し13年間経営したが、自らの労働力を対価とする仕事には限界があると感じ始める。
その間、東京でタレントのヘアメイクをしていた弟を高知に呼び戻し、美容室の経営もした。3店舗まで拡大したが、会社を弟に譲り、自らはドリームを追いベンチャー起業家に転身。39歳の時だった。不用な物質を、エネルギーとマテリアル(原料)に変える研究に取り組み、金融機関から数億円もの融資を受けての壮大な事業。
夢は拡がった。
しかしわずか1年半で、根底から絶望感を味わった。
巨額の不正融資事件に巻き込まれ、借金だけが残り、全てを失うという窮地に落ち入ったのだ。
別で友人と共同出資して設立した会社も、この時点で休眠会社となった。

422_04

「異質経験をもったために、世の中の見方が人と違うかも」
と、今橋さん。
今まで積み重ねた全てのものを、無駄にしたくない。
手にしたものや、与えられたもの、時間や思いついたものなど、その全てを、
「無駄にしない」
そんな境地にたどり着いた。
その表現は、否定形かもしれないが、
「本当は、生きていたら無駄なものなんて何もない」
それを前向きに言い換えた言葉が、
「無駄にしない」
なのだ。そして、
「思うだけでなく、本当に、やる」
その一つが、4度目の起業なのである。

どん底からの脱出。
誰も救ってくれない・・・
数億の借金を負い、どん底を経験し、死をも覚悟する中、最後に両親に会いに行った。父は既に定年していたが、事情を知ると、いくらかでも足しになると、働いてくれた。
ある日、母に、ドライブしようと言われて出掛けた。
どれほどか運転して、車を止めると、母は今橋さんを見つめ、
「この一年半、笑っとらんじゃろう」
「ここでお母さんといっしょに笑おう!」
そう言って笑ってくれた。
母の横で、ボロボロに泣いた。
大切にするべきものを間違っていた。
何かがふっきれた。
「破産はしない、全て自分で処理する!」
そう心に決めたその瞬間から、何かが変わりはじめた。
なぜだか、
「大丈夫!」
と思えた。
不思議なことに、そこから状況が良くなった。
どん底に陥った時、立ち上がれるか否かは、
「そこにどう向き合うか!だけだと思う」
今橋さんは語る。

422_05

いつも頭の中に鳴り続けるメロディー。
社名の『ピュアセンス』は、”純粋な感覚”という意。自分の少年時代を表現している。
ロゴマークは思いやりをイメージしたハート形で、逆さにすると感謝を意味する合掌を表したデザイン。思いやりと感謝の意を込めたマークである。
少年時代は、高知の山奥で育った。友人と渓流釣りをしたりして過ごし、ワクワクすることに心奪われた。
実は、いつも頭の中に鳴り続けるメロディーがある。優しい、癒される、心洗われるメロディー。これをいつかCDにしたいと思っていた。
思ったことは本当にやる。それは2年ほど前にリリースされた。
タイトルは『ここまで来たよ』

422_06

子どもが、自分の足を見ている絵。
更に一歩、進もうとしている、ジャケットのデザイン。
この曲を聴いて、落ち込んだ人が少しでも前を向くきっかけになれば嬉しい。
「人は誰しも、多かれ少なかれ、いつか向き合うべき何かに出逢うはず」
その時に気付いてもらえればいい。
今橋さんの言葉は、奥深い。

これから。
TV番組で、矢沢永吉が20代の男性に伝えていた、
「真面目であれ!真面目はきっと君の将来を助けることになるよ」という言葉が、ずっと心に残っている。
20代後半〜20歳代は、密度濃く仕事をした。
特に27〜28歳は集中して、40歳までの仕事をやり尽くしたほどの勢いで頑張った。
「データは試算になる」
そう考え、CADを使い始めたのも、人より随分早かった。
自らプログラムも組む。
趣味と言えばそうだが、自分の仕事を効率化するためのシステムを作るのが目的。これまで10かかっていたものが2〜3の力で出来るようになると思うと、ワクワクする。
楽をするために、苦労は惜しまない。
それが出来た時に、
「凄いね!」
となる瞬間が、好きなのだという。
“偉い”は相対的だが、”凄い”は絶対的だから。

422_05

好きな言葉は、『最後は”人”』
起業家であろうが、ビジネスライクに会社の看板を背負おうが、
最後は”人”で決まる。
「最終局面で意思を伝えるのも”人”」
と、今橋さん。
大きな苦難を乗り越えた今橋さんの言葉には、含蓄がある。
SO@Rを拠点に、今橋さんのビジネスが大きく成功しますように!
心から願っている。

インタビュアー : (株)ソアラサービス 代表取締役社長 牛来千鶴


posted by SO@R at 11:44 | 広島 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) |  ●入居メンバー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月09日18時11分
入居者紹介「Gorai’インタビュー」vol.18

Blanc (ブラン)
 ますむね
桝宗さん、西中さん、岸本さん
【Webサイト・DTP・動画・音楽制作、イベント企画】
Blanc =フランス語で「白」のこと。3人の個性を光の3原色に例えて、赤、緑、青(RGB)の3色が重なりあう場所が「白」。
「混ざり合って新しいカラーを生み出す」がコンセプト。

Blanc_01

Web制作+ SNSと連動したマーケティング 
Blancは、職業訓練校のWebデザイン科で出逢った3人のユニット。
結成して1年。ヘアサロンや飲食業、販売、不動産etc、のWebサイト制作を手掛けてきた。
中でも、動画やオリジナル楽曲を取り入れたWeb制作が得意で、これをFacebookやYouTubeなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)と連動させて販促に繋げるという、マーケティングまで考えたWeb制作が特徴だ。
グルメBlogでは、ユニークユーザー約1万3千超。広島人口で例えると約100人に1人ブログを見ていることになる。そしてFacebookのコミュニティは約1000人を運営しているのも強み。
ただ「作ればいい」「デザインがよければいい」「SEOさえやっていればいい」というのではなく、「どう広めるか」「どう集客するか」「どう価値を伝えるか」を考えるのが、彼らのスタイルだ。
例えば、不動産会社のWebサイトに、地鎮祭から施工、棟上げ、完成後の引き渡しまでを3分間の動画にし、オリジナルの音楽を付けたものを入れる。同時にYouTubeにもアップして拡散。この手法は、不動産業に限らず、リクルーティングなど様々な分野での応用が可能で、幅広い需要が見込める。
そこに可能性はあると、夢は膨らむ。

企画・デザイン・プログラム 3人の強みを活かして
職業訓練校では、一際、目立っていたという3人。
起業に憧れる受講生たちの殆どが、4ヶ月間の訓練の中で、現実を突きつけられ夢を諦めていく中、
「起業します!」
とキッパリ宣言して、独立した。
今はとにかく無我夢中で、睡眠もそこそこに働き、大変なことも多いが、ただ言えるのは、
「3人の誰か一人が欠けていても、今ここには居ない」
ということ。

Blanc_02

●桝宗 誠二さん/デザイン・楽曲制作・営業
20代の頃から、バンドやクラブDJ、オリジナル楽曲の制作、海外アーティストを招いたイベント企画など、音楽活動に注力してきた。
WEBデザイン以外にもDTP制作・洋服のシルクスクリーンプリントなど幅広いデザインも手掛ける桝宗さんだが、「作曲」という強みは、動画制作に発揮される。既存の曲を使うのではなく、動画に合わせた作曲により、盛り上がりのタイミングやエンディングなどをより効果的に行える。



Blanc_03

●西中政和さん/企画営業・マーケティング・デザイン
30歳になったら、何かやりたいと思っていた。高校卒業後、美容師になって12年間、お客さまとの話や経済誌などから情報収集。
「ビジネスモデルは後からついてくる」と覚悟を決めWeb業界へ飛び込んだ。自身のグルメブログでSNSのマーケティングを追求し、今ではグルメ情報を毎週RCCテレビのデータ放送で連載中。ほかセミナー講師、ラジオ出演、イベント企画など勢力的に活動中。
決断と判断の早さ、コミュニケーション能力の高さに加え、西中さんの拡大志向が、Blancの可能性を拡げている。


Blanc_03

●岸本高弘さん/プログラム
小学生の時からパソコンに触れていた。機械いじりが好きで、「何か作りたい」という欲求がいつもあった。高校生の頃から独学でプログラムを組み、パソコンを組み立てたりもしていた。
3人が出逢った職業訓練校では、そのプログラミング能力を認められ、クラスの仲間や先生からも「師匠」と呼ばれていた。岸本さんにとってプログラマーという仕事は、天職といえる。

Webサービスで地域を活性化、年商5億円を目指す
ひろしまフードフェスティバルには、地元の飲食店とコラボして出店。また、広島地酒の蔵元とコラボして、書やデザイン等のアーティストを絡めたイベントも今秋に企画している。
これらを、Webと連動させてPRし、集客する。
「単なるブームでは、長く続かない」
と、西中さん。
「バレンタインにチョコを贈る、母の日にプレゼントを贈るように、この広島から父の日に日本酒を送る。そんなふうに続いていく広島から日本そして世界に発信できる”文化”に携われたら嬉しい」
そのためには、今、できることを一つひとつ無我夢中でやっていくこと。その実績が、きっと次なるステージへ導いてくれる。

Blanc_05

5年後には、Webサ―ビス・マーケティング会社として確立、5億円の売り上げを目指している。そして、いつか広島を代表する企業になるのが、彼らのビジョン。
「自分たちより若い、20代の人たちに、明るい未来を与えたい」
語る言葉には、夢がある。

インタビュアー : (株)ソアラサービス 代表取締役社長 牛来千鶴


posted by SO@R at 18:11 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●入居メンバー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SO@Rビジネスポート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。