最近の記事
2017年04月11日17時05分
brog_ttl_azazrepo_B-c7dd7-60e72.jpg
ごきげんよう!アズアズですわよっ
世界遺産の島 宮島のグルメ情報やおすすめ観光スポットを独断と偏見でレポートしていく、ワタクシ砂の女ことアズアズの宮島レポートの時間がやってまいりましたわよ!

今週の土曜日4月15日には、宮島で毎年恒例の行事があるのよ。
それが「宮島 大聖院 火渡り式」

hiwatarisiki_01.jpg

毎年4月15日と11月15日の年2回執り行われる火渡り式。
大聖院の年中行事で、正式には毎年4月15日の『三鬼大権現春季大祭』と11月15日の『秋季大祭』の年2回執り行われ、また、「火渡り神事」とも呼ばれているそうよ。

弘法大師の弥山での修行以来1200年間燃え続けている「消えずの霊火」から移された霊火を炉壇に点火。

それを大導師、僧侶、山伏、信者、参拝者…と続いてそれぞれ願望成就を唱えながら素足で渡るの!
とても見事で、気が引き締まるような雰囲気よ。
見物客も希望すれば参加できるんですって!
毎年多くのかたが参加しているみたい。
ぜひ一度体験してみてね!


んじゃまた〜

(文:アズアズ@ソアラサービス)

砂の女アズアズの宮島レポートバックナンバーは >>>コチラ

安芸の宮島には、その昔、旅人に道中の無事を祈って宮島の砂を持ち帰ってもらう習わしがありました。砂をもらった旅人は、無事に旅ができたお礼にと、故郷の砂を持って再び宮島を訪れたそうです。その古くからの言い伝えを現代にアレンジしたものが『守り砂』。
宮島で最古の寺院大聖院で祈祷されたお砂をおしゃれな瓶や紙ケースに入れてお守りにしました。
願いを叶えたいご自身へはもちろん、旅のお土産にもどうぞ!
pht_pu_suna_main_b.jpg
紙タイプ 600円 / 細瓶タイプ 700円
小瓶 1,300円 / 大瓶 2,200円

守り砂に使用している「お砂」護摩祈祷の様子 (大聖院 吉田座主)
https://www.youtube.com/watch?v=XaVQ3_Iw3C4
 
  


posted by SO@R at 17:05 | 広島 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●アズアズの宮島レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月29日14時01分
brog_ttl_azazrepo_B-c7dd7-60e72.jpg
ごきげんよう!アズアズですわよっ
世界遺産の島 宮島のグルメ情報やおすすめ観光スポットを独断と偏見でレポートしていく、ワタクシ砂の女ことアズアズの宮島レポートの時間がやってまいりましたわよ!

そろそろ3月も終わりを迎え、春の陽気を感じるわね。
春といえば、桜!お花見の季節よね〜♪

宮島は広島県内でも人気の高いお花見スポット。
島内には、ソメイヨシノやシダレザクラ、ヤマザクラ、オオシマザクラなど色んな桜があるのよ。
約1900本もの数の桜なんですって!

\すごーい!!!/※写真は去年(2016年)のものよ〜。
azaz1.jpg

azaz2.jpg


現時点ではまだほとんどがつぼみの状態みたいね。
今年の桜の見頃は4月上旬。
そうそう、宮島では4月3日(月)まで「みやじま雛めぐり」を開催してるの!

azaz3.jpg

みやじま雛めぐりは、宮島に古くから伝わるお雛さまを町内の旅館や商店に展示するイベント。
ピンクの「のぼり旗」を掲示している場所で自由に見て回れるから楽しんでみてね!


んじゃまた〜

(文:アズアズ@ソアラサービス)

砂の女アズアズの宮島レポートバックナンバーは >>>コチラ

安芸の宮島には、その昔、旅人に道中の無事を祈って宮島の砂を持ち帰ってもらう習わしがありました。砂をもらった旅人は、無事に旅ができたお礼にと、故郷の砂を持って再び宮島を訪れたそうです。その古くからの言い伝えを現代にアレンジしたものが『守り砂』。
宮島で最古の寺院大聖院で祈祷されたお砂をおしゃれな瓶や紙ケースに入れてお守りにしました。
願いを叶えたいご自身へはもちろん、旅のお土産にもどうぞ!
pht_pu_suna_main_b.jpg
紙タイプ 600円 / 細瓶タイプ 700円
小瓶 1,300円 / 大瓶 2,200円
守り砂に使用している「お砂」護摩祈祷の様子 (大聖院 吉田座主)

posted by SO@R at 14:01 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●アズアズの宮島レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月10日14時46分
brog_ttl_azazrepo_B-c7dd7-60e72.jpg
ごきげんよう、お久しぶりね。アズアズですわよ。
世界遺産の島 宮島のグルメ情報やおすすめ観光スポットを独断と偏見でレポートしていく、ワタクシ砂の女ことアズアズの宮島レポートの時間がやってまいりましたわよ!

そろそろバレンタインね。男子も女子も、ワクワクそわそわの、冬の一大イベント!
みなさん、準備は良いかしら?

バレンタインといえば、わたくしがまだうら若き乙女だった頃…。
勇気を出してバレンタインチョコ(気合い入ったやつ)を渡したのに。
ホワイトデーの頃には彼には彼女ができてた、っていう地味にほろ苦い思い出がありますの。

あぁ〜もしあの頃、「守り砂」があったなら。「○○君の彼女になれますように」
って、明確な願いをかけれたのに。そしたら何か変わってたかもしれないわよね!ね?ね???

ま、そんな感じで守り砂に自分の恋愛成就を祈願するのもよろしいですし、
プレゼントするチョコに「守り砂」を添えて、「あなたの願いが叶いますように♡」
なんていう気持ちをこめてみるのもいいんじゃないかしら。
チョコと守り砂.jpg
部活にうちこんでる彼、受験を控えてる彼、仕事を頑張ってる彼、その他もろもろ何かに挑戦しようとしてる彼に
「これね、チョコレートと…願いが叶うお守りなの…。○○、頑張ってね!」
なんてハニカミながらチョコに守り砂を添えてプレゼントすれば、殿方もイチコロ。きっとあなたの恋も無事に成就よ。
そしてタイミングの良いことに、2月11日、12日はいろんな牡蠣料理が格安で楽しめる宮島かき祭り
ご存知?牡蠣は美容効果抜群なの♡
恋する乙女たち。栄養たっぷりの牡蠣を食べてパワーをフルチャージして、バレンタインに臨んでくださいませ。

【宮島かき祭り】
平成29年2月11日(土)・12日(日) 10:00〜15:00頃まで
開催場所:宮島桟橋前広場
かき料理格安販売コーナー:100円〜200円
かきの直売と地方発送コーナー:宮島かき祭り特別価格にてかきの販売、地方発送
特産品直売コーナー:漬け物・農産物・かき製品・たこ天・かき醤油・わさび製品 他
ーーーーーーーーー
とても人気のかき祭りなので、公共交通機関を利用することをおすすめするわね。

んじゃまた〜。

(文:アズアズ@ソアラサービス)

砂の女アズアズの宮島レポートバックナンバーは >>>コチラ

安芸の宮島には、その昔、旅人に道中の無事を祈って宮島の砂を持ち帰ってもらう習わしがありました。砂をもらった旅人は、無事に旅ができたお礼にと、故郷の砂を持って再び宮島を訪れたそうです。その古くからの言い伝えを現代にアレンジしたものが『守り砂』。
宮島で最古の寺院大聖院で祈祷されたお砂をおしゃれな瓶や紙ケースに入れてお守りにしました。
願いを叶えたいご自身へはもちろん、旅のお土産にもどうぞ!
pht_pu_suna_main_b.jpg
紙タイプ 600円 / 細瓶タイプ 700円
小瓶 1,300円 / 大瓶 2,200円

守り砂に使用している「お砂」護摩祈祷の様子 (大聖院 吉田座主)
https://www.youtube.com/watch?v=XaVQ3_Iw3C4 
  


※宮島まで行けない…って方は、大聖院のHPからもご購入いただけるわよ。


posted by SO@R at 14:46 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●アズアズの宮島レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月11日14時30分
brog_ttl_azazrepo_B-c7dd7-60e72.jpg
ごきげんよう。アズアズですわよ。
世界遺産の島 宮島のグルメ情報やおすすめ観光スポットを独断と偏見でレポートしていく、ワタクシ砂の女ことアズアズの宮島レポートの時間がやってまいりましたわよ!

宮島の紅葉が素晴らしいのは言わずと知れた話よね。
もみじ饅頭ってモノができちゃうくらいですもの。

みなさん、今年の紅葉狩りのご予定は立ててますの?
週末は、しのごの言わずに宮島へ向かうのよ!

昨年は宮島の紅葉穴場スポットをご紹介。

2016年の見頃も、まさに11月の中旬〜下旬ですって。
http://pleasure-luck.com/411.html

紅葉谷公園なんてもうこんなに綺麗!(11月11日現在)
宮島3.jpg

そして来週(11月19日)からは、大聖院ではもみじ祭りが開催されるわよ。
この期間しか見られない、寺宝展とか、御室流華道展とか、
ダライラマ法王開眼のチベット仏の公開とか、見所満載なんだからっ!

期間:2016年11月19日 〜 2016年11月27日
時間:午前8時〜午後5時まで

今年の宮島はとっても紅葉がキレイみたい。期待しちゃう。
宮島の島内でも、場所によって全然紅葉の進み具合が違ったりするから、
その移ろいゆく景色を楽しんでみるのもいいわね。

紅葉を楽しんだ帰りには、宮島口の名店『あなごめし うえの』内の蔵を改装してできた、みやじまぐちの想い出Shop epilo (エピロ)でホッと一息して行ってね。

1階は広島のお土産物を中心にしたコーナーとギャラリー。
2階は古本図書館のカフェのスペースになっている、とっても素敵な空間なの。
守り砂のお取り扱いもしてもらってるわ!
宮島6.jpg

あぁ、牡蠣も美味しい季節になるし紅葉も見頃になるし、
宮島の最高の時期がやってきたわね。
みなさま、この時期を見逃しちゃだめよっ!
んじゃまた〜。

(文:アズアズ@ソアラサービス)

砂の女アズアズの宮島レポートバックナンバーは >>>コチラ

安芸の宮島には、その昔、旅人に道中の無事を祈って宮島の砂を持ち帰ってもらう習わしがありました。砂をもらった旅人は、無事に旅ができたお礼にと、故郷の砂を持って再び宮島を訪れたそうです。その古くからの言い伝えを現代にアレンジしたものが『守り砂』。
宮島で最古の寺院大聖院で祈祷されたお砂をおしゃれな瓶や紙ケースに入れてお守りにしました。
願いを叶えたいご自身へはもちろん、旅のお土産にもどうぞ!
pht_pu_suna_main_b.jpg
紙タイプ 600円 / 細瓶タイプ 700円
小瓶 1,300円 / 大瓶 2,200円

守り砂に使用している「お砂」護摩祈祷の様子 (大聖院 吉田座主)
https://www.youtube.com/watch?v=XaVQ3_Iw3C4 
  

posted by SO@R at 14:30 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●アズアズの宮島レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月13日15時52分
brog_ttl_azazrepo_B-c7dd7-60e72.jpg
ごきげんよう。アズアズですわよ。
世界遺産の島 宮島のグルメ情報やおすすめ観光スポットを独断と偏見でレポートしていく、砂の女ことアズアズの宮島レポートの時間がやってまいりましたわよ!

今週末は宮島口でお砂焼き祭りが開催されるのみんな知ってる?
****
宮島お砂焼まつり
開催日時:2016年10月16日
開催時間:10時00分〜15時00分まで
会場:JR宮島口駅から桟橋までの宮島口商店街一帯
****

地元グルメや陶器市などアットホームなお祭り。
昔々、宮島に来た旅人が無事に帰郷できるようにと厳島神社の砂を持って帰り、再び宮島を訪れる時は故郷の砂を持ってお礼参りをする習わしがあったとさ。その習わしを受けて、厳島神社の砂をつかい大祭用に器を作るようになったのが、「お砂焼」の発祥なんですって。

そうです、「守り砂」も、この伝説を現代風にアレンジしたものなのよ。
宮島最古のお寺大聖院でご祈祷いただいたお砂を詰めたお守りで、同封の叶え紙に願いを書いて、願いが成就したら、大聖院にご返納するもの。

私も今年、カープ優勝を祈願していたから、こないだ返納に行ってきたわ。
カープ優勝.jpg

返納2.jpg
カープの優勝は私のおかげね。

この守り砂は、今週から宮島口の私好みのおっしゃれーな雑貨屋、「エピロさん」にも置いてもらってるの。
穴子飯の人気店「うえの」の中を通った奥にある古民家を改装した店舗。
エピロ3.jpg
エピロ1.jpg
エピロ2.jpg

お砂焼き祭りに行くんならぜひエピロさんにも寄ってみてね。
今年は同時開催で、宮島口SOCO2マルシェも宮島口でやってるみたい。
miyazimagutimarusya.jpg
いつも以上に賑わいそうね。
じゃまたね〜。

(文:アズアズ@ソアラサービス)

砂の女アズアズの宮島レポートバックナンバーは >>>コチラ

安芸の宮島には、その昔、旅人に道中の無事を祈って宮島の砂を持ち帰ってもらう習わしがありました。砂をもらった旅人は、無事に旅ができたお礼にと、故郷の砂を持って再び宮島を訪れたそうです。その古くからの言い伝えを現代にアレンジしたものが『守り砂』。
宮島で最古の寺院大聖院で祈祷されたお砂をおしゃれな瓶や紙ケースに入れてお守りにしました。
願いを叶えたいご自身へはもちろん、旅のお土産にもどうぞ!
pht_pu_suna_main_b.jpg
紙タイプ 600円 / 細瓶タイプ 700円
小瓶 1,300円 / 大瓶 2,200円

守り砂に使用している「お砂」護摩祈祷の様子 (大聖院 吉田座主)
https://www.youtube.com/watch?v=XaVQ3_Iw3C4 
  

posted by SO@R at 15:52 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●アズアズの宮島レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SO@Rビジネスポート