最近の記事
2012年12月27日15時59分
こんにちは、ソアラサービスのガンちゃんですわーい(嬉しい顔)
BIGニュースです!!
広島発のクラウドファンディングMissionBoxの第一号案件として商品化を目指していた「宮島新伝説 守り砂」が、本日ミッションを達成いたしました!!
ご支援いただいたかたがたに深く感謝いたします。
これでプロジェクトが開始できます。本当にありがとうございます!!

2013年元旦より、まずは宮島 大本山 大聖院で守り砂の販売を開始いたします。
早速、本日こっそり準備しておいた(笑)、守り砂を返納していただくコーナーを宮島大聖院に設置いたしました。
2012541.jpg
階段を上ってまっすぐ境内を進んだところにある勅願堂の左側に設置しています。
返納用の器は、宮島口の宮島お砂焼き窯元「川原厳栄堂」さんで特別に焼いていただいた正真正銘のお砂焼きの器です。
00001.jpg
作品としても秀逸です!ぜひ直接見ていただきたいと思います。
返納いただいたお砂は改めてご祈祷いただき、みなさんへ幸せのお裾分けして、新たな守り砂となっていく、幸福のループにもエコにもなる仕組みとなっております。

守り砂とは・・・
もともと安芸の宮島には、その昔、旅人に道中の無事を祈って宮島の砂を持ち帰ってもらう習わしがあり、砂をもらった旅人は、無事に旅ができたお礼にと、故郷の砂を持って再び宮島を訪れたそうです。
その古くからの言い伝えを、産(業)×学(校)×観(光)のコラボレーションで企画し、現代にアレンジしたものが『守り砂』です。
・産業は、ソアラサービスと対馬デザイン事務所
・学校は、広島工業大学 環境学部 環境デザイン学科の学生
・観光は、安芸の宮島大聖院
大聖院さんでご祈祷いただいたお砂をおしゃれな紙や瓶に入れています。
購入したら同封してある「叶え紙」にお願いを書いて、持ち歩いたり部屋に飾ったりして、願いを叶えましょうという商品です。
そして、願いが叶ったら、再び宮島を訪れていただき、お砂を返納してもらうという仕組みになっています。

守り砂のラインナップはこのようになっています。
mamorisuna2.jpg
 ・守り砂 紙タイプ 500円
 ・守り砂 細瓶タイプ 600円
 ・守り砂 瓶タイプ(中) 1,200円
 ・守り砂 瓶タイプ(大) 2,000円
初詣のお土産はコレで決まりですね。
ぜひぜひ大聖院まで足をお運びくださいね。
年々来島者が増えついに今日年間来島者が400万人を突破したホットな観光地宮島の新しい名物となるようがんばります。
どうぞご声援のほど、引き続きよろしくお願いいたします。


【寄付をいただいたかたへ】
みなさまのご支援のおかげでプロジェクトをスタートできることになりました。 
お志をもとに、2013年元旦より宮島大聖院で販売を開始いたします。 
本当に本当にありがとうございます。 
なお、ミッションは期間満了の1月7日まで継続されます。 
システム上、ミッションオーナーはミッション完了まで、寄付いただいたかたの連絡先や個別の寄付金額がわからない仕組みになっております。
よって、寄付をいただいたかたへのお礼やお返し(FAVOR)の発送は、ミッション期間完了後となります。 
大変申し訳ありませんが、どうぞもうしばらくお待ちいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。


(文:実はプレッシャーで睡眠不足でした^^;@ガンちゃん)




posted by SO@R at 15:59 | 広島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●新宮島伝説"守り砂" | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年12月11日15時53分

こんにちは〜わーい(嬉しい顔)ソアラサービスのガンちゃんです。

広島初のクラウドファンディング"MISSON BOX"の第1号案件としてスタートした「守り砂(まもりすな)
ミッションの期限まで残りあと30日を切りました。
missionbox1.jpg
守り砂は、ソアラサービスが、広島工大さん&大聖院さんとの、産×学×観のコラボで開発を進めている宮島の新土産。
安芸の宮島には、その昔、旅人に道中の無事を祈って宮島の砂を持ち帰ってもらう習わしがありました。
砂をもらった旅人は、無事に旅ができたお礼にと、故郷の砂を持って再び宮島を訪れたそうです。
その古くからの言い伝えを現代にアレンジしたものが『守り砂』です。
mamorisuna2.jpg

『守り砂』の砂は、西暦806年に空海が開基した宮島で最も古い寺院である真言宗大本山大聖院でご祈祷いただいたものです。

【守り砂の使用方法】
@同封してある「叶え紙」に願い事を書く。
A守り砂と一緒に大切に保管ください。
B見事願いが叶ったら、再び宮島を訪れて、お砂を返納し、幸せのお裾分けを!
こうして幸せの連鎖をつなげていく新しい宮島の伝説なのです。


1月より発売スタートすることを目指し、現在準備中。みなさまのご支援がMISSIONの額に届くかどうかでプロジェクト開始の成否が決まります。

寄付をしようとしたけど、サイトがわかりにくくてヤメた・・・というお話を聞きましたので、missionboxから寄付をしていただく方法をわかりやすく説明させていただきますね!

■まずは支援ページから登録
https://missionbox.jp/users/login

■登録の方法
寄付はクレジットカードのみの決済となります。
アカウントは、Facebook、twitterのアカウントがそのまま利用いただけます。
どちらもお持ちでないかたや匿名にされたいかたは、アカウントの新規作成をお願いいたします。
アカウントの登録が終わったら、寄付する金額を決定して、決済サイトの指示に従って入力をしていくと寄付が完了します。

■支援口数
1,000円・1,100円・2,000円・3,000円・5,000円・10,000円の6コース。
支援いただきましたかたには、限定デザインのオリジナルサンクスカードと、守り砂をお送りさせていただきます。
口数に応じてお礼の内容が異なります。
5,000円・10,000円を寄付いただいたかたには歴史ある宮島焼の窯元「川原厳栄堂さん」オリジナルの守り砂陶器をプレゼントいたします。
osunayakipea.jpg
ひとつずつ手づくりされるため、微妙にカタチや色が異なるので、まさに世界の一つだけのオリジナル陶器です!

おかげさまで多くのかたがたからのご支援が続々と集まっておりますが、missionを達成させるまでには、あと21万円が必要なのです(12/10現在)
ぜひこのプロジェクトをスタートさせるために、webからご寄付を、そしてたくさんのかたがたへのご案内をどうぞよろしくお願いいたします。

MISSON BOX http://www.missionbox.jp/missions/home/1

(文:今日は真面目に・・・@ガンちゃん)


posted by SO@R at 15:53 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●新宮島伝説"守り砂" | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年11月30日18時06分
こんにちは〜ソアラサービスのガンちゃんですわーい(嬉しい顔)

広島初のクラウドファンディング"MISSON BOX"の第1号案件としてスタートした「守り砂(まもりすな)」
webでの寄付が始まっています。
mamorisuna2.jpg
守り砂は、ソアラサービスが、広島工大さん&大聖院さんとの、産×学×観のコラボで開発を進めている宮島の新土産。
このたび、MISSON BOXでの取組みがNHK広島で紹介されることになりました。

NHK広島"お好みワイドひろしま"
日時:2012年12月3日(月)18:10〜19:00
ぜひご覧くださいね。

MISSONBOXでは、寄付をいただいたかたに金額に応じて"FAVOR"というお返しをするルールになっています。
そこで・・・
今回5,000円の寄付をいただいたかたには、お砂焼きで有名な宮島口にある窯元「川原厳栄堂」さんで、ひとつずつ手づくりされるオリジナルお砂焼き陶器をプレゼントしております!!さらに10,000円寄付いただくと、ペアで進呈いたします。
osunayakipea.jpg
※すべて受注生産による手づくり。色・形とも一つずつ微妙に異なっていますので、世界の一つのオリジナル陶器と言っても過言ではありません。非売品ですので、世界中探しても手に入らない超レアな陶器がFAVORとなっております。

●お砂焼きの由来・・・
昔から、旅行のとき道中の安全の護符として宮島のお砂をいただき、無事帰郷した際に、異郷の砂を倍加してお返しする、古習俗がありました。その宮島の厳島神社のお砂を混ぜた土で焼き物にしたものが宮島焼きの始まりなんですよ。

守り砂は、来年1月の本格的始動に向け最終準備中。
必要なミッション額は30万円!
現在1/6の5万円を超えることができましたが、まだまだこれからです!!
みなさまのご協力、どうぞよろしくお願いいたします。
MISSON BOX http://www.missionbox.jp/missions/home/1

(文:ミッションインポッシブルのような毎日@ガンちゃん)

posted by SO@R at 18:06 | 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●新宮島伝説"守り砂" | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年11月09日18時07分

こんにちは〜ソアラサービスのガンちゃんですわーい(嬉しい顔)

ソアラサービスが、広島工大さん&大聖院さんとの、産×学×観のコラボで開発した宮島の新土産「守り砂」。
広島初のクラウドファンディング"MISSON BOX"の第1号案件として本日スタートしました。
missionbox1.jpg
クラウドファンディングとは、インターネット上で支援者から小額の資金提供を受けてミッションを達成させ、ビジョンを実現させていく仕組み。
web上にビジョン(Mission)を掲載し、支援者(Fan)から資金を募ります。
支援者(Fan)になるとあらかじめ設定されたFavor(フェイバー「恩返し)を受け取る事ができます。
全国的にすでにいくつか稼働している仕組みですが、広島ではこのmissionboxが初めて!
その記念すべき第1号案件に「守り砂」を選んでいただきました。

守り砂とは・・・
もともと安芸の宮島には、その昔、旅人に道中の無事を祈って宮島の砂を持ち帰ってもらう習わしがあり、砂をもらった旅人は、無事に旅ができたお礼にと、故郷の砂を持って再び宮島を訪れたそうです。
その古くからの言い伝えを、産(業)×学(校)×観(光)のコラボレーションで企画し、現代にアレンジしたものが『守り砂』です。
・産業は、ソアラサービスと対馬デザイン事務所
・学校は、広島工業大学 環境学部 環境デザイン学科の学生
・観光は、安芸の宮島大聖院
その大聖院さんでご祈祷いただいたお砂を、おしゃれな紙や瓶に入れて、販売。
購入した際に願いをかけ、持ち歩いたり部屋に飾ったりして、願いを叶えて行こうという商品です。
【守り砂のラインナップ】
mamorisuna2.jpg
・守り砂 紙タイプ 500円
・守り砂 細瓶タイプ 600円
・守り砂 瓶タイプ(中) 1,200円
・守り砂 瓶タイプ(大) 2,000円
※商品の販売は、ミッション達成後の予定となっています。
(販売は大聖院をはじめ、宮島島内のホテルや商店街のお店で販売予定です)

ご支援いただいたかたには、レアな恩返しをご用意しています!
必要なミッション額は30万円!
みなさまのご協力、どうそよろしくお願いいたします。
MISSON BOX http://www.missionbox.jp/missions/home/1

(文:守られるより守るタイプ@ガンちゃん)


 
posted by SO@R at 18:07 | 広島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●新宮島伝説"守り砂" | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年10月23日18時55分

こんにちは〜ソアラサービスのガンちゃんですわーい(嬉しい顔)

今日は、このブログでもお知らせした宮島の新しい土産物として、SO@Rがプロデュースして商品化を進めている「守り砂」の進捗状況をお知らせします。

まずは守り砂のおさらいから。
安芸の宮島には、その昔、旅人に道中の無事を祈って宮島の砂を持ち帰ってもらう習わしがありました。
砂をもらった旅人は、無事に旅ができたお礼にと、故郷の砂を持って再び宮島を訪れたそうです。
その古くからの言い伝えを現代にアレンジしたものが『守り砂』です。

昨日はその『守り砂』に使う砂を、西暦806年に空海が開基した宮島で最も古い寺院である真言宗大本山大聖院でご祈祷していただきました。
kitou.jpg
大聖院座主吉田さまに、早朝のまだ宮島がにぎわう前の静かな時間にご祈祷していただきました。
私も身が引き締まる思いで、その場に入らせていただきました。
読経の厳かな空気に、ただただ気持ちが高揚し、終わった後はとても爽やかな気持ちでした。燃え上がる炎にも特別なパワーを感じました。

この砂をこれから一つずつ手作業で瓶や紙ケースに詰めていきます。
産(業)×学(校)×観(光)の連携により、新宮島伝説「守り砂」。
mamorisuna2.jpg
新しい宮島の話題として、大きく伝わっていくよう、しっかりお祈りしておきました。
ぜひ応援をよろしくお願いいたします。

守り砂の過去記事は >>コチラから

(文:炎がゴライの髪型に見える・・・かも@ガンちゃん)



posted by SO@R at 18:55 | 広島 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) |  ●新宮島伝説"守り砂" | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SO@Rビジネスポート