最近の記事
2018年02月02日14時01分
brog_ttl_azazrepo_B-c7dd7-60e72.jpg
ごきげんよう!アズアズですわよ。
世界遺産の島 宮島のグルメ情報やおすすめ観光スポットを独断と偏見でレポートしていく、ワタクシ砂の女ことアズアズの宮島レポートの時間がやってまいりましたわよ!
宮島最古の寺院である大聖院。
ここで毎年2月3日に行われる「節分会 福豆まき」って、行ったことあるかしら?

毎年楽しみにしているファンも多い、宮島の早春の風物詩と言える一大イベントなのよ。

まずは厄払開運の大般若転読 法要があって、宮島太鼓があって、福豆まき。
年女・年男が「福女・福男」となり、壇上から福豆やら餅やらもみじ饅頭をまくの。
もみじ饅頭ってところが宮島らしいわよね。

節分1.jpg

中には抽選番号が書いてある「福引き券」入りの豆袋もあって、豪華景品と交換できるの!
それをGetできたら超ラッキーね。
約3000人の老若男女が「福」をつかみとろうと真剣に挑むこの節分会。
2018年は土曜日でお休みの方も多いでしょうから、ますます盛り上がること間違いなしね!

ーーー
大聖院 節分会・福豆まき
2018年 2月3日(土) 11時より 
ーーー

とにかくすごい迫力。なかなかこんな豆まきは体験できないわよ。

節分4.jpg

テンションがグイグイ上がっちゃって、みんな(やりきって)爽やかな笑顔になっちゃうの。
笑う門には福来る、よ!


今年の福をつかみとりに是非、大聖院へ〜!

んじゃまた〜。


(文:アズアズ@ソアラサービス)

砂の女アズアズの宮島レポートバックナンバーは >>>コチラ

安芸の宮島には、その昔、旅人に道中の無事を祈って宮島の砂を持ち帰ってもらう習わしがありました。砂をもらった旅人は、無事に旅ができたお礼にと、故郷の砂を持って再び宮島を訪れたそうです。その古くからの言い伝えを現代にアレンジしたものが『守り砂』。
宮島で最古の寺院大聖院で祈祷されたお砂をおしゃれな瓶や紙ケースに入れてお守りにしました。
願いを叶えたいご自身へはもちろん、旅のお土産にもどうぞ!
pht_pu_suna_main_b.jpg
紙タイプ 600円 / 細瓶タイプ 700円
小瓶 1,300円 / 大瓶 2,200円

守り砂に使用している「お砂」護摩祈祷の様子 (大聖院 吉田座主)
https://www.youtube.com/watch?v=XaVQ3_Iw3C4 
  






広島のゲンキなブロガーさんが集まる広島ブログに登録しました。
一日一回のクリックお願いします♪
広島ブログ

posted by SO@R at 14:01 | 広島 🌁 | Comment(0) |  ●アズアズの宮島レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SO@Rビジネスポート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。