最近の記事
2016年10月13日15時52分
brog_ttl_azazrepo_B-c7dd7-60e72.jpg
ごきげんよう。アズアズですわよ。
世界遺産の島 宮島のグルメ情報やおすすめ観光スポットを独断と偏見でレポートしていく、砂の女ことアズアズの宮島レポートの時間がやってまいりましたわよ!

今週末は宮島口でお砂焼き祭りが開催されるのみんな知ってる?
****
宮島お砂焼まつり
開催日時:2016年10月16日
開催時間:10時00分〜15時00分まで
会場:JR宮島口駅から桟橋までの宮島口商店街一帯
****

地元グルメや陶器市などアットホームなお祭り。
昔々、宮島に来た旅人が無事に帰郷できるようにと厳島神社の砂を持って帰り、再び宮島を訪れる時は故郷の砂を持ってお礼参りをする習わしがあったとさ。その習わしを受けて、厳島神社の砂をつかい大祭用に器を作るようになったのが、「お砂焼」の発祥なんですって。

そうです、「守り砂」も、この伝説を現代風にアレンジしたものなのよ。
宮島最古のお寺大聖院でご祈祷いただいたお砂を詰めたお守りで、同封の叶え紙に願いを書いて、願いが成就したら、大聖院にご返納するもの。

私も今年、カープ優勝を祈願していたから、こないだ返納に行ってきたわ。
カープ優勝.jpg

返納2.jpg
カープの優勝は私のおかげね。

この守り砂は、今週から宮島口の私好みのおっしゃれーな雑貨屋、「エピロさん」にも置いてもらってるの。
穴子飯の人気店「うえの」の中を通った奥にある古民家を改装した店舗。
エピロ3.jpg
エピロ1.jpg
エピロ2.jpg

お砂焼き祭りに行くんならぜひエピロさんにも寄ってみてね。
今年は同時開催で、宮島口SOCO2マルシェも宮島口でやってるみたい。
miyazimagutimarusya.jpg
いつも以上に賑わいそうね。
じゃまたね〜。

(文:アズアズ@ソアラサービス)

砂の女アズアズの宮島レポートバックナンバーは >>>コチラ

安芸の宮島には、その昔、旅人に道中の無事を祈って宮島の砂を持ち帰ってもらう習わしがありました。砂をもらった旅人は、無事に旅ができたお礼にと、故郷の砂を持って再び宮島を訪れたそうです。その古くからの言い伝えを現代にアレンジしたものが『守り砂』。
宮島で最古の寺院大聖院で祈祷されたお砂をおしゃれな瓶や紙ケースに入れてお守りにしました。
願いを叶えたいご自身へはもちろん、旅のお土産にもどうぞ!
pht_pu_suna_main_b.jpg
紙タイプ 600円 / 細瓶タイプ 700円
小瓶 1,300円 / 大瓶 2,200円

守り砂に使用している「お砂」護摩祈祷の様子 (大聖院 吉田座主)
https://www.youtube.com/watch?v=XaVQ3_Iw3C4 
  

広島のゲンキなブロガーさんが集まる広島ブログに登録しました。
一日一回のクリックお願いします♪
広島ブログ

posted by SO@R at 15:52 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●アズアズの宮島レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442771957
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
SO@Rビジネスポート