最近の記事
2016年08月10日17時44分
brog_ttl_azazrepo_B-c7dd7-60e72.jpg
ごきげんよう。アズアズですわよ。

世界遺産の島 宮島のグルメ情報や
おすすめ観光スポットを独断と偏見でレポートしていく、
砂の女ことアズアズの宮島レポートの時間がやってまいりましたわ!

いよいよもうすぐ、宮島水中花火大会ね。お天気はバッチリ。
みなさん、交通手段穴場スポットの確認は大丈夫かしら?
しっかり計画を立てて、花火を楽しんでくださいませ^^

わたくしはもちろん、ちょっと早めに島に渡って、宮島観光を楽しむ予定よ。
今回のお目当ては、町家通りのちょっと裏手に佇む、
人気のパン屋、「おひさまパン工房」!

ここでなんと、大聖院と守り砂とのコラボレーションで完成した、
「お守りパン」が販売開始するのよ〜!
お守りパン.jpg
この「お守りパン」は藻塩バターのパンで、価格は130円。
しゃもじ型(守り砂の叶え紙の形)の模様がとってもキュートでしょ。
守り砂の砂と同じく、原料の藻塩を大聖院で祈祷してもらうことで、
みなさまの願い事成就を祈りながら作られるパンなの。

ちなみに守り砂の叶え紙はこんな感じ。(みなさまから届いた喜びの声)
叶え紙サンプル.jpg

おひさまパン工房のパンは、「瀬戸内」の素材にこだわりぬいた材料を
使っているだけではなく、弥山の、1200年燃え続ける「消えずの火」
で焼いてるんですって〜。とっても神秘的よね〜。
火の画像.jpg
おひさまパン工房でパンを買って、恋人の聖地でもある消えずの火の霊火堂まで
ロープウェーもしくは登山道で上がっていって、
山頂で願い事をしながらパンを頬張る!なんてのもオツよね〜。

みんな、ぜひ行ってみてね!
急がないと午後にはパンが売り切れちゃうんだから〜!

おひさまパン工房では、守り砂(細瓶)はもちろんのこと
瀬戸内ちりめんアンチョビ」も取り扱ってるわよん♪


んじゃまたね〜。良いお盆休みを!(文:アズアズ@ソアラサービス)

砂の女アズアズの宮島レポートバックナンバーは >>>コチラ

安芸の宮島には、その昔、旅人に道中の無事を祈って宮島の砂を持ち帰ってもらう習わしがありました。砂をもらった旅人は、無事に旅ができたお礼にと、故郷の砂を持って再び宮島を訪れたそうです。その古くからの言い伝えを現代にアレンジしたものが『守り砂』。
宮島で最古の寺院大聖院で祈祷されたお砂をおしゃれな瓶や紙ケースに入れてお守りにしました。
願いを叶えたいご自身へはもちろん、旅のお土産にもどうぞ!
pht_pu_suna_main_b.jpg
紙タイプ 600円 / 細瓶タイプ 700円
小瓶 1,300円 / 大瓶 2,200円

守り砂に使用している「お砂」護摩祈祷の様子 (大聖院 吉田座主)
https://www.youtube.com/watch?v=XaVQ3_Iw3C4
広島のゲンキなブロガーさんが集まる広島ブログに登録しました。
一日一回のクリックお願いします♪
広島ブログ

posted by SO@R at 17:44 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●アズアズの宮島レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440924446
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
SO@Rビジネスポート