最近の記事
2016年04月26日13時03分
こんにちは〜ソアラサービスのガンちゃんです

宮島レポ―ト担当のアズアズの 命令 お願いで宮島に貝堀りレポートを書くべく先週末宮島に行ってきました。
ということで、今日はガンガンが宮島レポートをお届けします!!
brog_ttl_azazrepo_B-c7dd7-60e72-4440c.jpg
(勝手に私のバナーも作ったぜ!)

小学校の同級生、Kママとそのお子様Rちゃん(4歳)、Yちゃん(2歳)の4人旅。
その日の宮島は、16時半が干潮。
私のお気に入りのお店、五日市のカレー屋サーガルでお腹を満たし、14時頃宮島に上陸しました。

少し小雨が降ってたので、潮干狩りする人なんていないのではと心配していましたが、フェリー内には長くつ、バケツ装備のお年寄りやお子様たちがチラホラ。仲間がいるようで一安心です。

フェリー内でアンパンマン グミで内気な子供たちの心をゲット。これで仲良く潮干狩りできそうです。
ブログ2.jpg

宮島の潮干狩りスポットは、厳島神社の大鳥居の横の砂浜。到着してみると、多くのかたがせっせと潮干狩り中でした。
ブログ1.jpg
世界遺産を見つつ明日の朝食のため頑張るぞ!

宮島には潮干狩りグッズのレンタル品などはありません。
持参したグッツは100均で調達したバケツと熊手、家にあったザル、レジャーシート(荷物を置く用)、ビーチサンダル(長靴でも可)。
後は小雨が降っていたので、カッパがあればよかったです。
burogu .jpg
Rちゃんも初熊手を片手にやる気満々。

なんとなくザクザク採れるイメージではありましが、、、最初は悪戦苦闘しました(笑)
その横で、貝脈みたいなのが分かる潮干狩りマスター達は、たくさん採っていました!
ビギナーはとにかく広く掘って掘って、感覚を掴んでいきましょう♪
ブログ3.jpg
鳥居に近いところはいっぱい人がいたのでたくさん採れるのかと思い移動もしてみましたが、港寄りのほうが、発見率は高かったです。

そして宮島ならではですが、潮が引くと鹿が砂浜に降りてきます。
荷物を漁られるので、その辺も気を付けてなくてはならないので注意です。

2時間掘り掘りした結果がこちら。
ブログ4.jpg
地元のかたにお聞きしたところ、殻が黒いのは天然物のアサリらしいですよ!

無心になるので、時間過ぎるのが本当に早かった。そして腕の筋肉を想像以上に使います。
結構ヘトヘトになるので、宮島観光→潮干狩りの順番がオススメです。

ご丁寧にもアズアズが、守り砂にお願いしてくれていました…。
潮干狩り前に、厳島神社や大聖院にお参りして、大漁祈願をしてもいいですね♪
13095933_1006007209492598_2781199066984390567_n.jpg

定番ですが、採ったアサリはお味噌汁で美味しくいただきました。
ブログ5.jpg

次の宮島の潮干狩りに適した日は、
★2016年5月7日、8日、9日そして、5月22日、23日、24日あたりの午後だそう!
ぜひ狙ってみてください。宮島観光と併せて、アグレッシブに!!!

(文:ガンガン@ソアラサービス)

砂の女アズアズの宮島レポートバックナンバーは >>>コチラ

安芸の宮島には、その昔、旅人に道中の無事を祈って宮島の砂を持ち帰ってもらう習わしがありました。砂をもらった旅人は、無事に旅ができたお礼にと、故郷の砂を持って再び宮島を訪れたそうです。その古くからの言い伝えを現代にアレンジしたものが『守り砂』。
宮島で最古の寺院大聖院で祈祷されたお砂をおしゃれな瓶や紙ケースに入れてお守りにしました。
願いを叶えたいご自身へはもちろん、旅のお土産にもどうぞ!
pht_pu_suna_main_b.jpg
紙タイプ 600円 / 細瓶タイプ 700円
小瓶 1,300円 / 大瓶 2,200円

守り砂に使用している「お砂」護摩祈祷の様子 (大聖院 吉田座主)

【守り砂販売場所】※限定販売品
広島のゲンキなブロガーさんが集まる広島ブログに登録しました。
一日一回のクリックお願いします♪
広島ブログ

posted by SO@R at 13:03 | 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●アズアズの宮島レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SO@Rビジネスポート