最近の記事
2014年10月21日11時46分
こんにちは〜ソアラサービスのガンちゃんですわーい(嬉しい顔)

秋も深まり、私の大好きな季節がやって来ました!
秋と言えばお祭り。広島のお祭りと言えば、そう、神楽です。
私の神楽好きは、北は安佐北区から南は安佐南区まで(狭っ)、とっても有名な話。。。野球シーズンが終わり、カープ女子から神楽女子へ衣替えです(笑)

大好きさがありあまって、神楽鑑賞同好会をSO@Rビジネスポートに作って早3年目。
今回は、入居メンバーさんやスタッフを誘って。会社から徒歩5分の広瀬神社の秋祭りに行ってきましたよ。
kagura1.jpg
今回は10名を超える参加者が。神楽好きの輪が広がって、とってもうれしいです!
普段はたいてい一人神楽なんですけど、大勢で見るのもまた楽し・・・ですね。

広瀬神社には安芸太田町筒賀より三谷神楽団が毎年来ています。
神楽好きにはたまらない、三谷さん!なんてったって、旧舞がめ〜っちゃ上手いんです!!

神楽には新舞、旧舞という舞の種類があり、簡単に言うと、新舞は戦後できた演目、旧舞は戦前からある演目と言われています。新舞はテンポ良く激しい舞でエンターテイメント性があふれていて、「土蜘蛛」「紅葉狩り」「滝夜叉姫」などが有名で人気が高いです。

私は断然旧舞派。
新舞に比べると大人しいですが、荘厳で雄大な舞は、神楽の真の良さを楽しめますよ。
三谷さんはその旧舞を得意としていて、大会でも数多くの賞をとっている実力派の神楽団。旧舞はちょっと退屈・・・と思っているかたも、ぜひ一度ご覧あれ。
本当の神楽の凄みを感じますよ。

18時開始ということで、16時に場所取り。おかげで一番前の真ん中のかぶりつき席をゲット。
始まるころにはすごいお客さんで、立ち見のかたも大勢。300人以上はいたんじゃないでしょうか?

演目は・・・
・四方祓い ・頼政(よりまさ) ・恵比寿舞 ・鐘馗(しょうき) ・塵倫(じんりん) ・八岐大蛇
私のイチオシは、翌日広島サンプラザで開催される神楽共演大会で出す演目「鐘馗」。
須佐之男命(スサノオノミコト)が「鍾馗大神」と名乗り、病魔(疫病神)を退治するという物語。息を飲む舞に、釘づけ状態になってしまいます!
kagura3.jpg
鐘馗様〜♡

こちらは塵倫。
kagura4.jpg
旧舞は幕から除々に鬼が姿を現すので、チラ見えが結構怖いんです。

頼政に退治される「鵺(ぬえ)」
kagura2.jpg
舞台から降りてきて、子供たちはワー!キャー!!でした。

本当に心躍る4時間。
いや、神楽ってほんとに楽しいです。
今から来年が楽しみです。

(文:お面不要@ガンちゃん)

広島のゲンキなブロガーさんが集まる広島ブログに登録しました。
一日一回のクリックお願いします♪
広島ブログ

posted by SO@R at 11:46 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 【ソアラビジネスポート】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SO@Rビジネスポート