最近の記事
2014年06月26日16時30分
入居者紹介「Gorai’インタビュー」vol.16
イシクラカズヒロ構造アトリエ
石倉 和浩さん
【一級建築士・建築の構造設計】

石倉さま01

建築の構造設計とは。

構造設計とは、建物を取り巻くいろいろな条件を考慮し、安全性を定め、それを満たす構造を設計すること。
積雪はするか、液状化はするか、地盤の状態、建物の形状などを考えて、建築家の要望をくみとりながら骨組を設計する。
独立して6年の石倉さん。
構造設計の業界には若手が少なく、耐震診断など、仕事の需要は多い。ここ数年は、仕事のペースが早く、売上もアップした。
しかし長期的に見ると、
「何かを変えなくては」
と感じている。
SO@Rビジネスポートで、その糸口を見つけたいと考え、今年3月に入居した。

石倉さま02

「耐震×小さなビル×リノベーション」に可能性。

昨今、「リノベーション」という新たな建築のスタイルが注目されている。中古物件に改修工事を行い、これまでとは全く違う用途や機能にすることで価値を高めるもので、新築で建築するより安価にできるのも魅力。
お洒落な家族が、中古物件を有効活用して斬新で個性的な空間を創り、自分たちらしい生活を楽しむ・・・リノベーションと聞くと、そんなイメージを想像する。
現状では、その殆どがマンション一室にとどまっているという。
理由は、建物に関する専門性が足りなかったり、耐震性や用途変更等の業務が煩雑で費用がかかるため、エンドユーザーの窓口となる業者がやりたがらないのだ。
ここに、ビジネスチャンスがあると、石倉さんは考えている。
石倉さんの構造設計の専門性を活かし、デザイナーや士業などの専門家と手を組むことで、これまで手付かずとされていた小さなビルやマンション等の、リノベーションの可能性を拡げたい考え。

石倉さま03

子どもの頃から、人と同じはイヤだった。

出身は島根。
両親は専業農家で、イチゴやホウレンソウ、キュウリを生産している。子どもの頃は、よく、
「ませてるね」
と言われた。大人の輪の中で静かに話を聴いているのは苦痛ではない。そんな子どもだった。
高2の時には、
「大学に進学するのはやめよう」
と思ったという。真面目だったし、勉強もスポーツもできたほうだが、人と同じは嫌だったのだ。
「早くお金を稼ぎたい」
変わったことがやりたかった。
その気持ちが高3になっても変わらなかったら、思いを貫こうと思ったが、結局、山口大学へ入学。
大学2年の時から、彼女(今の奥さま)と一緒に暮らし始めた。
アルバイトで生活していたので、早く自分で何かやりたかった。
「いつかは、起業したい」
そう、思っていたという。

石倉さま04

ベンチャー起業家に学び、独立の道へ。

大学卒業後、呉市の海運会社に就職。社長は、一代で会社を築いた40歳代のベンチャー起業家。
船主をネットワーク化して事業の企画からファイナンスまでを統括するスケールの大きい事業は、刺激的だった。
外国の船舶との取引では、相場によってドルと円を使い分けたり、起工式や浸水式など大がかりなイベントに立ち会ったりetc。
社長の傍にいたおかげで、ビジネスの深い部分も垣間見ることができた。
船は「動産」。これを「不動産」に置き替え、小さく一人で出来る範囲で仕事ができれば、面白い!  と思った。
5年で転職。入った建築設計事務所が、たまたま「構造」を得意としていたのが、今に繋がった。
全く経験の無い、建築の世界。しかし30歳までは、
「何やっても、できる」
と思っていたという。
だが、業界が違うと、評価の観点が違う。技術職であるからには、
「言われたことが出来ないと、相手にしてもらえない」
プライドが傷つくことも少なくなかった。休日には車を飛ばして浜田の海でサーフボードに乗り、波に投げ出されては仕事のストレスを発散していた頃もある。
「資格を取るまでのガマン」
そう自分に言い聞かせ、働きながら夜間の専門校に通い、建築士の資格を取った。
その後、デザイン系の設計事務所も経験し、数軒の設計事務所を転々としたおかげで、自身の強みは「構造設計」であると確信。
36歳で、独立した。

石倉さま05

変わるために。

去年から、嫌な事をやろうと決めて、動いているという石倉さん。
食べるために仕事は必要だ。その中でやりたい仕事も自然にできていれば問題ないのだが、そうでないとすると、何かを変える必要がある。
しかし、人って、そう簡単には変われない。
であれば、
「苦手なことも、あまり考えすぎずにやってみよう」
そうしていれば、きっといいことがあるだろう。
そんな思いで、異業種交流会にも出掛けてみた。
今年3月には、SO@Rビジネスポートへ入居した。
行動が変わると、気持ちも変わる。外に出ようと意識しているからか、最近、人からのコンタクトが増えたという。
いろんな誘いが舞い込んでいる。
「このタイミングに乗って、次へのステップに進みたい」
チャンスを逃さず一歩を踏み出した石倉さんに、幸運の女神は、きっと微笑んでくれるに違いない。

インタビュアー : (株)ソアラサービス 代表取締役社長 牛来千鶴


広島のゲンキなブロガーさんが集まる広島ブログに登録しました。
一日一回のクリックお願いします♪
広島ブログ

posted by SO@R at 16:30 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●入居メンバー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400114466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
SO@Rビジネスポート