最近の記事
2014年04月28日16時31分
こんにちは〜ソアラサービスのガンちゃんですわーい(嬉しい顔)

先週末に倉橋島の作田水産さんで定置網漁の見学にSO@Rスタッフでお邪魔させていただきました。
まずはこの写真からご覧くださいませ!
06B.jpg
05.jpg

作田水産さんは広島県呉市倉橋島でちりめんの漁獲から加工までを行っていらっしゃる水産会社さん。
ソアラサービスが六次産業化をサポートして、ただいま新商品の開発中というご縁なのです。
呉から音戸大橋を渡り倉橋島に入って30分ほど車で走ると、作田水産さんが見えてきます。↓この看板が目印ですよ。
04.jpg

メインでされているちりめん漁は、6月〜9月までなので、その他の時期は鮮魚やひじきなどの海藻類を収穫・販売されているんですよ。
今の時期は、定置網漁の最盛期ということで、社長の牛来以下有志のスタッフと、新商品のパッケージデザインをお願いしている対馬デザイン事務所の對馬さんご一家と一緒に体験ツアーに参加させてもらうことになったんですよ。
DSC07156.jpg

船頭さんはもちろん、このおかた・・・
07.jpg
作田水産の社長、倉橋の海を知り尽くした作田隆次さん。
ポイントに舟をつけられるテクニックも抜群です。

桟橋を出発して10分程度沖に出ると、定置網のポイントに到着。
仕掛けた網を引き揚げていくと・・・・
10.jpg
3つのポイントを回り、カワハギが1000匹・250kgを超える大・大・大漁だったのです。他にも鯛、メバル、イカ、ヒラメも混じっていましたよ。
牛来が持っているのは、なんと網にかかっていたサメ。キャッキャ言いながら、喜んでつかんでいましたよ。

網の引き揚げは途中まではウインチで巻き上げるのですが、仕掛けが海面に近くなったら、あとは手作業。250kgもの収穫をしようとしたら、まさに肉体労働そのもの。
こうしたかたがたのご苦労があって、おいしい魚を食べることができるんだと、改めて感謝です。

収穫した魚は、海の生簀にいったん入れたあと、出荷されていきます。
11.jpg

丘に戻ったら、獲れたばかりの魚のお刺身をいただきながらBBQ。
新鮮なカワハギの肝は、、もう絶品でしたよ!
02.jpg
他にも、お味噌汁やワカメのしゃぶしゃぶなど、瀬戸内の海の幸をたっぷりごちそうになりましたぴかぴか(新しい)

せっかくの機会ということで、相手も予定も決まっていないのに花嫁修行の一環として(笑)、私も魚のおろし方も教えていただき、かわはぎを10匹以上「シゴウ」させてもらいました。
※シゴウ=広島弁で始末する、魚をさばくという意味です。
03.jpg
どうですか?私の包丁さばき・・・

そして、最後はみんなで記念撮影。
09.jpg
作田水産のみなさま、本当にお世話になりました。
倉橋島、最高でした★

今年、作田水産さんから、倉橋産のちりめんをつかったアンチョビを商品化して販売しますので、どうぞお楽しみに!

(文:浮気したらシゴウします@ガンちゃん)
#瀬戸の匠

広島のゲンキなブロガーさんが集まる広島ブログに登録しました。
一日一回のクリックお願いします♪
広島ブログ

posted by SO@R at 16:31 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●瀬戸内ちりめんアンチョビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SO@Rビジネスポート