最近の記事
2014年01月31日16時09分
こんにちは〜、ソアラサービスのガンちゃんですわーい(嬉しい顔)

今日から開催されているビジネスフェア中四国で、SO@Rがプロデュースした新商品の試作を出展しております。
2014013113260000.jpg

まずは、構想から早6年、広島産のちりめんを原料にした、ちりめんアンチョビ。
試行錯誤を繰り返しながら、ちりめんを発酵させた新感覚のアンチョビの試作がおいしく出来上がりました。
いよいよ本格発売に向けて、最後のマーケティング段階ということで、たくさんのかたに試食していただこうと思っております。アンチョビ瓶.jpg
(※写真は試作につき実際の商品は異なるものになります。)
瀬戸内海を知り尽くした漁師自らが選別し加工するちりめんのおいしさがギュ〜と詰まっております。

もう一つは、廣島バウム。
日本でのバームクーヘン発祥はここ広島なのです!
かのカール・ユーハイムさんが焼かれたバームクーヘンが1919年広島県物産陳列館産業奨励館(今の原爆ドーム)に出品されたのが始まりと言われています。
このたび、広島市内にある食品会社さん5社が共同で、それぞれの企業が持つこだわりの原料をつかったおいしいスイーツをつくろうということになり、廣島バウムが商品化されることになりました。
バウム.jpg
【参加企業】※順不同
おたふくソース  お好みソースの原料「デーツ」
山豊  日本三大漬菜の一つ「広島菜」
上万糧食  広島県産「玄米粉」
増田製粉  こだわりの上撰「きなこ」
前田屋  海の恵み「板海苔」

各社から提供された原料をつかって、ワッフルで有名で、今はバームクーヘンも話題になっている櫟〜kunugi〜さんに依頼して、試作品を製造していただきました。
また、ソアラがプロデュースということで、素材や味はもちろんのこと、ビジュアルにも相当な力を入れております!
ちりめんアンチョビは、2012年H-ADC大賞を受賞された対馬デザイン事務所さんに、廣島バウムは、同じくH-ADCで審査員特別賞などを多く受賞されているスタジオダーウィンの伊達成朗さんに、それぞれ依頼。広島で大活躍されているデザイナーさんの競演、私も出来上がりをとっても楽しみにしています。

両商品とも、この会場でだけでしか食べられません。
しかも、試作品ですので、いい意味でも悪い意味でも(笑)、同じ味のものは二度と食べられないかも!?
明日2月1日は、一般デーですので、どなたでもご入場が可能です。
ぜひぜひお越しくださいね。

また、広島グッドデザイン賞ブースでは、奨励賞を受賞した「守り砂」と「べっぴんうどんおつるさん」のパッケージなどのビジュアル展示を行っております。
2014013113330000.jpg
ぜひこちらにもお立ち寄りくださいね。

第12回 ビジネスフェア中四国2014
〜中四国発・こだわり良品発掘メッセ〜
日時 1月31日(金)10:00〜17:00 商談日[バイヤー等事業者対象]
    2月1日(土)10:00〜16:00 商談・展示販売日[一般公開]
場所 広島市中小企業会館総合展示館 広島市西区商工センター1丁目14-1
http://www.city.hiroshima.lg.jp/keizai/conv/fair/

(文:近隣ブースの試食が昼ごはん@ガンちゃん)


広島のゲンキなブロガーさんが集まる広島ブログに登録しました。
一日一回のクリックお願いします♪
広島ブログ

posted by SO@R at 16:09 | 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●瀬戸内ちりめんアンチョビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386609283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
SO@Rビジネスポート