最近の記事
2013年07月02日18時45分

こんにちは〜ソアラサービスのガンちゃんですわーい(嬉しい顔)

さーて、今日は大好評大人の社会見学シリーズ。
今回、私ガンが体を張ってレポートするのは、瀬戸内の夏の名産品、今が旬まっさかりのちりめん漁ぴかぴか(新しい)
 

朝4時に起きて、倉橋島にある作田水産さんへ。
広島市内からは呉市を経由、新しくなった音戸大橋を渡り、2時間ちょっとで到着です。

作田水産さんがちりめん漁につかう船はなんと4艘!

gf1310151275m.jpg
まずは魚群レーダーで漁のポイントを探知する舟が1艇。
2艇の舟で網を引きちりめんを収穫。
最後の1艘は獲れたちりめんを加工場まで運ぶ役割。
ちりめん漁ってたくさんの舟でやってるんですね〜、驚きです。
漁の間、3艇はずっと沖にいて、運搬用の船が加工場まで何度も往復するんだそうです。
漁は、毎回早朝4時に出発。漁獲用の3艘は遅い時は夜7時くらいまで、日が沈むまで帰ってこないこともあるですって。想像以上に大変な漁なんですね。

さて、7時前に到着して私、気持ちいいわ〜と海をぼんやり見つめいると・・・ちりめんを積んだ第1便が沖に見えてきました!!

cirimen1.jpg

ここから加工場は大忙しです。
漁獲したちりめんは船底のタンクに入っています。ピチピチした活きたちりめんが泳いでいるのか?と思いきや、鮮度を保つため、捕獲したらすぐ氷水で締めるんですって。なるほど〜
で、加工場に着いた舟から、な・な・なんとバキュームでちりめんを吸い出したではありませんか!

cirimen2.jpg
滝のようなものすごい勢いで、飛び出てくるちりめん達。
大人10人が余裕で入れる浴槽のような大きな容器2つがあっと言う間にちりめんでいっぱいに。最盛期には一度帰ってきた舟で3〜4杯分にもなるそうですよ。
 

陸揚げしたちりめんは、まずはきれいな海水で洗浄です。
cirimen3.jpg
職人さんがクレーンを巧みに操ってキレイキレイしています。
洗浄が終わったちりめんは、見事な連係プレーの超高速技の連発でどんどんトレイに乗せられていきます。
cirimen4.jpg
東南アジアからの漁業留学生3人娘たちが担当しているのですが、彼女たちの仕事ぶりがそれはもうすごいんです!目にも止まらぬスピードでちりめんを網ですくい、トレイにささっと並べていく作業は、息がピッタリで、何度撮ってもシャッターが間に合わないくらい手際が良いのです。

cirimen5.jpg
トレイに載ったちりめんは、いよいよ釜茹でに。釜に入っているお湯は、倉橋島の澄んだ海水100%。塩も調理料も一切入っていない、まさに自然の海の味だけで茹でているのです。

cirimen6.jpg
茹で時間の目安は5分程度。ということですが、どこにもタイマーらしきものが無い・・・と思っていたら、火加減から釜から引き上げるタイミングまで、すべては熟練した職人さんの勘でやっているんですって、長年の経験ってホントすごいですね〜。

茹であがったちりめんは、真っ白でぷりっぷり。
これがいわゆる釜揚げちりめんなのです!

cirimen7.jpg

茹でられたちりめんは、そのまま乾燥用のボイラーへ。
1時間程度乾燥させたら、トレイから全部出して広げます。そして、手作業でちりめんに混じっている小イカや小魚、海藻などを入念に取り除いていきます。
cirimen9.jpg
とっても根気がいりますが、実はこれもとっても大事な作業なのです。
なぜかと言うと、ちりめんに交じっている小イカや小魚は干物にするとこれはこれでとっても美味。地元のかたの大人気商品なんですって。
はい、副産物でも、ガッチリ!ってカンジです(笑)

さらに工程は続き、今度は手作業では取り除けない小さなエビの殻や砕けたちりめんの粉を送風機を使って吹き飛ばします。

cirimen10.jpg
そして、最後の最後に、またまた目視で入念にチェック。

こうした丁寧な作業の一つひとつの積み重ねによって、品質のよいちりめんができあがっていくんですね。
最後に、計量して袋&箱詰め。
この一連の流れを、毎日4〜5回繰り返すんですって!!

想像を絶する作業量ですね。
今日は一日で500kgを超えるちりめんが出来上がりました!

ちりめんの加工も機械化が進み、近隣では漁からあとの工程をすべてを機械化されているところも多いとのこと。実は作田水産さんも一度は機械化を進めていたのですが、8年前の台風で工場がすべて流され、丸裸に。
・・・もうちりめん漁をやめよう・・・と何度も悩んだ結果、どうせやるんなら、昔ながらの製法でやろう!と決心。その2年後息子さんが社長を継ぎ、今に至っているそうです。
どうですか?おいしいちりめんにはそれなりの理由と歴史があるんです。手づくりのちりめんは、海の恵みと人のぬくもりが合わさった芸術品とも言える逸品ですよね。

そんな作田水産さんのちりめんの中から、さらにいいものをよりすぐったのが、高級ちりめん「瀬戸の匠」。
広島の老舗百貨店「福屋」のオンラインショッピング&お中元カタログ限定のギフトセットとして販売中です。
gift3.jpg

ちりめん120g×2、いりこ80g、乾燥ひじき40g
一箱:4200円(送料込)
ご注文 >  福屋オンラインショップから

 
ちりめんの他に、貴重な瀬戸内産の乾燥ひじきもセット。

手づくりならではのやさしい風味をぜひ大切なかたへのお届けください。

(文:干されてもメゲない@ガンちゃん)

#瀬戸の匠

広島のゲンキなブロガーさんが集まる広島ブログに登録しました。
一日一回のクリックお願いします♪
広島ブログ

posted by SO@R at 18:45 | 広島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 【モノづくりプロジェクト】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SO@Rビジネスポート