最近の記事
2015年03月10日17時16分
こんにちは〜ソアラサービスのガンちゃんですわーい(嬉しい顔)

最近、相棒と化した廣島赤鶏の広報担当レッドリー。先週末も、広島みなとフェスタへ一緒に出掛けてまいりました!まぁ、レッドリーは、アズアズみたいにワタシの悪口言わないので、ホントいいわぁ(笑)。

広島みなとフェスタは、広島市南区宇品にある広島みなと公園とその周辺、そして似島にまたがって行われる一大イベント。その会場で、廣島赤鶏の卸し業をされている広島食鳥さんとワシントンホテルさんのコラボして、ブース出展。

minatomaturi3.jpg

広島のクリエイター オリシゲシュウジさんデザインの、廣島赤鶏の可愛い看板幕が遠くからでも目立ってます!
ワシントンホテルのシェフが廣島赤鶏を使ったメニューとして考案した「廣島赤鶏のクリームシチュー」を販売されました。
なんと300円!安い!!ということで、早速注文。

minatomaturi5.jpg

土曜日は天気がすぐれず肌寒かったので、ほっかほっかのクリームシチューがとっても体に沁みわたりました。
はい、みなさんで
「あっ たかい ん だからぁ〜♪」(笑)

やわらかジュ〜シ〜の廣島赤鶏がたっぷり。野菜もたくさん入っていて、食べ応えも抜群。レッドリーも大満足です。

minatomaturi6.jpg

せっかくなので、ワシントンホテルの二宮シェフにレッドリーを抱っこしてもらいました。

minatomaturi4.jpg

日曜日は天気もよく、行列ができるほどの大人気。
とっても反響が良かったので、今後ワシントンホテルの朝食に、廣島赤鶏のシチューが登場するかもです。

(文:恋人はぬいぐるみ@ガンちゃん)


【廣島赤鶏が食べられるお店】

【廣島赤鶏の仕入れ等のご用命は】
広島食鳥有限会社
電話:082-263-2207/FAX:082-264-5675 
メール:office@shokucho.jp
本社:〒732-0055 広島市東区東蟹屋町17番5号
定休日:毎週水・日曜日



posted by SO@R at 17:16 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●廣島赤鶏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月09日16時01分
こんにちは〜ソアラサービスのガンちゃんですわーい(嬉しい顔)

3月6日、SO@Rビジネスポート歓送迎会を開催しました!

kannsougeikai1.jpg

歓送迎会は年に数回、入居されたかた退去されたかたを囲んでみんなで楽しく飲みましょうという会。
場所は、ソアラがブランディングを進めている「廣島赤鶏」をメニューにされている「おもてなしや」さん。
せっかくなんで、廣島赤鶏の広報担当レッドリーも連れていってやりました。

kannsougeikai2.jpg

SO@Rビジネスポート一行が来るならばと、お店のかたが特別メニューとして廣島赤鶏料理を特別にたくさん出していただきました。
鶏しゃぶ、岩塩焼き、手羽の煮つけ、どれもふっくらジュ〜シ〜で本当に美味♪レッドリーも大興奮です。

kannsougeikai5.jpg

歓送迎会の席順はくじ引きで決定。今回はこんなカンジの配置に。
kannsougeikai9.jpg
kannsougeikai8.jpg
kannsougeikai7.jpg

SO@Rビジネスポートは現在103名が入居中。
メンバーは、クリエイター、士業、講師業、小売業など本当にさまざま。
共同オフィスにはいろんなメリットがありますが、中でもソアラが一番大切にしているのは、人肌感覚の雰囲気。
みなさん業種は違えど起業家として同じオフィスで仕事をしている仲間。ともすれば孤独を味わいやすいワークスタイルでも、メンバー同士がこうして一堂に会して、つながっています。もちろん、飲み会だけでなく、仕事でのコラボレーションや受発注なども盛んなんですよ。
それに入居メンバーのみなさんは、優しい人ばかりで、ほんとに
あっ たかい ん だから〜 ♪
です。

レッドリーも入居メンバーさん達に可愛がってもらいご満悦(笑)
kannsougeikai4.jpg

今回も、飲んで、食べて、しゃべってと、楽しい会となりました。

最後は、おもてなしや店長さんの藤原さんにご挨拶。
kannsougeikai3.jpg
おちゃめな店長に食べられそうになったレッドリーを寸前で救い出しました(笑)。

(文:スープはつくれない@ガンちゃん)

●SO@Rビジネスポートのお問い合わせ先
株式会社 ソアラサービス
〒730-0803 広島市中区広瀬北町3−11 和光広瀬ビルSO@R ビジネスポート 4階
TEL /082-532-5662 FAX /082-532-5663
Mail /info@soa-r.net
電話受付: 午前9:00〜午後6:00 (平日のみ)

TEL 082-249-7689 (お問い合わせ専用番号)
住所広島県広島市中区紙屋町1-4-5
営業時間 17:00〜翌1:00

posted by SO@R at 16:01 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 【ソアラビジネスポート】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月06日18時50分
brog_ttl_azazrepo_B.jpg
日に日に蕾になろうとしている桜から、ガンちゃんにバイクで踏まれてもたくましく生きているタンポポまで、アズアズを応援してくれている植物のみんな、ごきげんよう。
ちょっとご無沙汰になっちゃったけど、世界遺産の島 宮島のグルメ情報や穴場の観光スポットを独断と偏見でレポートしていくアズアズの宮島レポートの時間がまいりましたわよ!

この時期の宮島はまだまだ寒いけど、少しずつ活気が出て来たわね。
これからの時期はイベントも目白押し。3/21(土)から始まる「雛めぐり」の期間は、宮島に古くから伝わるお雛さまを町内の旅館や商店に展示しているのよ♪

今回、まずお邪魔したのは、厳島神社から水族館に向けて歩く途中の「歴史民俗資料館」前にある古民家、「すみれぐさ」さん。

0227_1.jpg

1階は陶器やガラスなど、作家さんの雑貨・小物が素敵に並ぶギャラリースペース。
2階は、宿泊施設になってるのよ!宮島で古民家にお泊まりって、気になるあのコへの隠し技にどうかしら♪
しかも桜の時期は、2階のデッキテラスから満開の桜を眺められるという特典付きなのよ。

0227_2.jpg

ここは「Hartアドベンチャーセンター」のオフィスでもあり、宮島沖でシーカヤックを体験することができるそう!

0227_3.jpg

大鳥居の真下まで行ってみたり、宮島の原生林の残るビーチを目指したり…なかなか貴重な体験ができちゃうのよ。
宮島沖でカヤックに乗りながら告白なんてされちゃった日はそりゃあもう・・・

朝っぱらから妄想してたら、お腹がすいたわ。ご飯にしよっと。
今日はとっておきの宮島の穴場のランチスポットを紹介するわよ!
ここが「瀬戸内グリルじぱんぐ」さん。

0227_4.jpg

瀬戸内の素材を使ったメニューがとってもリーズナブルにいただけるお店よ!
穴子とカキの天ぷら定食1,000円。どう?素敵でしょ。
プラス300円でミニ穴子天にもできるのも、とっても良心的!
と言いつつ、肉食な妄想をしたワタクシは、豚丼(700円)をがっつりいただきましたわよ。
広島レモンがさっぱり効いてておいしいぶぅー♪
しかも、夜も営業していてお酒も楽しめるそう。芸能人もお忍びで来るらしいので、今度は夜におめかしして潜入しなきゃね。

ホント宮島にはにユニークで魅力的なお店が増えたわね。
宮島には何年も来てないって広島県人のみんな!!地元だからこそ、ちゃんとチェックしておかないと、流行に乗り遅れちゃうわよー!

さて、食事の後はティータイム。
昨年の夏にオープンされて、ずっと気になっていた木彫りとカフェ タムカイマさんへ。

0227_5.jpg

表参道を信用金庫の道から左に入った、町屋通りとの間にあるお店。
木彫りのギャラリーも兼ねたこのカフェは、ご主人の作る深い味のある木彫り作品がすごいの。すごくリアルなキノコをはじめ、ちょっと…いや、相当ユニークなオブジェが。

0227_7.jpg
0227_6.jpg

どう?このカンジ??めちゃ好みなテイストなのよねー。
カフェも居心地の良い空間で、素敵なお花のリースなどもゆっくりと読書でもしながら1日中いたい気分。音楽のイベントや個展も頻繁に開催されてるみたいよ。
ここでいただいたのは、麹が生きてる生甘酒。

0227_8.jpg

ドライイチジクとシナモンがトッピングされていて、甘酒とのハーモニーがとっても斬新♪

宮島は何度来ても、新しい発見があるわねぇ〜。と、
沈みゆく夕日を眺めながら海沿いを散歩していたら、素朴で味わいがあるお店を発見。
ということで、本日のベストショットはこれ。

0227_9.jpg

ぺったらぽったら」を売ってるキュートな割烹着のお姉さん。かわいいでしょ。
甘じょっぱいたれがからんだ、もちもちした食感の焼きおにぎりって感じね。
具は牡蠣か穴子かをチョイス(各320円)。全国区のメディアにたくさん取り上げられてるようだけど、納得のお味だったわ。

んじゃ、また〜

(文:アズアズ@ソアラサービス)

砂の女アズアズの宮島レポートバックナンバーは >>>コチラ
安芸の宮島には、その昔、旅人に道中の無事を祈って宮島の砂を持ち帰ってもらう習わしがありました。砂をもらった旅人は、無事に旅ができたお礼にと、故郷の砂を持って再び宮島を訪れたそうです。その古くからの言い伝えを現代にアレンジしたものが『守り砂』。
宮島で最古の寺院大聖院で祈祷されたお砂をおしゃれな瓶や紙ケースに入れてお守りにしました。
願いを叶えたいご自身へはもちろん、旅のお土産にもどうぞ!
pht_pu_suna_main_b.jpg
紙タイプ 600円 / 細瓶タイプ 700円
小瓶 1,300円 / 大瓶 2,200円

【守り砂販売場所】※限定販売品
宮島弥山・大本山 大聖院
 広島県廿日市市宮島町210 TEL: 0829-44-0111(本坊)
やまだ屋 宮島本店
 広島県廿日市市宮島町835-1 TEL: 0829-44-0511
宮島グランドホテル 有もと
 広島県廿日市市宮島町364 TEL: 0829-44-2411
小林物産店
 広島県廿日市市宮島町浜之町844-2 TEL&FAX: 0829-44-0138
酒と器 久保田
 広島県廿日市市宮島町町家通り481 TEL:0829-44-2228




posted by SO@R at 18:50 | 広島 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●アズアズの宮島レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月05日18時25分
こんにちは、ソアラサービスのよっし~です。

暦は3月。よっし〜のblogタイトルも、「コワーキング日誌」から「背伸び日記」に変わりました。

そうなんです。7月末から担当してきたコワーキング型創業支援制度【FLYHIGH】の支援制度が2月末をもってプログラムが終了。
ソアラに入社してこのプログラムを担当をさせてもらい、いろいろなかたと出会えて、やっとお互いのことがわかってきたのに・・・ついにこの日がやって来てしまいましたふらふら 
2月27日は朝から涙腺が・・・、でもちゃんとみなさんを見送らなければと、修了式に臨みました。

sIMG_7129.jpg

司会進行は専務の田中。滅多にみられないスーツにネクタイ!まるで卒業式のお父さんみたい(笑)。

まずは、支援メンバー1人1人から、これまでの活動と成果を発表してもらいました。
s蜀咏悄 2015-03-05 9 51 15.jpg
「まさかこんなにちゃんとした式だと思ってなくて(笑)、もっとオシャレしてくればよかった!」
とか
「私はこうなると思ってオシャレしてきました(笑)」
とか
冗談を交えながらも、みなさんの熱い発表が続きます。 

s蜀咏悄 2015-03-05 9 52 17.jpg

「同じ創業を目指す仲間と会えて、刺激になり、もっとがんばろうと思えました!」
「挑戦して、うまくいくことや、うまくいかないことで、そこから新たな自分に気付けた」
など、みなさんそれぞれ個性があるお話が続きます。

s蜀咏悄 2015-03-05 9 28 43.jpg

「話すことが苦手だったけど、ワークショップ開催に挑戦して自信がつきました!」
「一時的な繋がりではなく、今後「FLY HIGH!」の卒業生としてこれからも繋がっていきたい」
など、とても嬉しくたのもしいお言葉をいただきました。



続いて、来賓のかたがたから激励のお言葉をいただきました。
広島市の創業支援事業計画推進を担当されている広島市 経済観光局 産業振興部 ものづくり支援課の天野課長と秋山さん、そして金融機関の立場から創業支援を進められている広島銀行法人営業部シニアマネージャーの西岡さまから、これから新たなスタートを切る面々にあたたかくお声をかけていただきました。
sIMG_7328.jpg
そして、ソアラからは、まずは社長の牛来から。
前に出てきたけど、涙が出そうになって言葉が出ない牛来。。。「一人ひとりの話を聞いていると、みんな大変だったんだろうな〜と・・・」、自らも主婦から起業した牛来だからこそ、人には言えない苦労があったことを感じられたんでしょうね。
s蜀咏悄 2015-03-05 12 35 18.jpg
続いて、shiozyこと社外取締役の塩崎からは、熱く!そして短く!気合が入るエールを送りました。
そして、私よっし〜からご挨拶。
泣かない、絶対に泣かない!とずっと心に決めていたのですが、はい号泣・・・
みなさんとの思い出がいっぱいありすぎて、もうこの場所で会えないと思うと、よっし〜涙腺の蛇口は開放されてしまったのでした・・・

そして、最後はソアラサービスからみなさんへ写真とメッセージを載せた記念品を。
牛来より一人ひとりに手渡して、お見送り。

sIMG_3050.jpg

そしたら、なんと支援メンバーたちから、サプライズのプレゼントが!
まずは、このお花。
sIMG_2818.jpg
VIPルームに合うイメージを選びましたと、お花の色合いから花瓶までとても素敵。
sIMG_2824.jpg

そして、支援メンバーの上田さんが、コワーキングスペースには窓が無かったので・・・と、「未来への扉」と書かれたオリジナルの障子窓をつくってくれました。
sIMG_2960.jpg
この場所は自分にとって「未来への扉」だったからと言ってくれて、よっし〜、さらに号泣です。。。

最後にみんなで記念撮影!
sIMG_3187.jpg
場所の利用が終わっても、「FLY HIGH!」メンバーの絆はずっとずっと続いていってほしいです。

続いて、有志により近くの居酒屋で打ち上げ♪
s蜀咏悄 2015-02-27 19 09 46.jpg
乾杯は、制度終了後、SO@Rビジネスポートに入居される森下彰三さんです。動画で価値を伝えたいと動画製作プロダクションを立ち上げられました!

今夜は無礼講とばかりに、ココには書けない話題が・・・(笑)
名称未設定-3.jpg
プライベートからお仕事まで大盛り上がりでした〜!!
s蜀咏悄 2015-02-27 20 14 44.jpg

そうこうしていると、僕ワークショップ担当してなかったのでここでさせてください!!」とパソコン、タブレット、スマートフォン用の新しい周辺機器開発をされている前川さんから、まさかのマジック披露が♪
s蜀咏悄 2015-02-27 20 30 50.jpg

最後に牛来からがみなさんへ。
「わたしの夢は必ず叶ってきた。なぜなら叶うまでやり続けるから!」
みなさんのおもいがカタチになることを心から応援しています!
みなさんの創業のお役にたたなければいけない立場のよっし〜でしたが、逆にみなさんから学びとパワーをいただく7ヶ月でした。
今後は同窓会など通して、またみなさまにお会いできる日を楽しみにしています。

本当にありがとうございました!

(よっし〜@ソアラサービス)

posted by SO@R at 18:25 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●よっし〜の背のび日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月04日18時04分
こんにちは〜ソアラサービスのガンちゃんですわーい(嬉しい顔)
最近blogに登場して話題のレッドリー赤鶏アイコン.jpg
広島県北部にある安芸高田市産の新しいブランド鶏「廣島赤鶏」の新キャラで、blogで廣島赤鶏のグルメレポートをしてるんです。レッドリーといい、アズアズといいよっしーといい、みんなバナーまでつくってもらっているのに・・・
ちょっとまって ちょっとまって お兄さ〜ん、バナーが無いのとちゃいますの?(8.6秒...風味で)
そうなんです、、、もう5年近くもblogを担当している私ガンのバナーはいつまでたっても、つくってもらえませんもうやだ〜(悲しい顔)

さて、気を取り直して・・・っと。
そんな、日々廣島赤鶏のグルメ情報を収集しているレッドリーが、なにやらイベントを見つけた様子です!
minatomaturi1.jpg
広島市南区宇品にある広島みなと公園とその周辺、そして似島にまたがって行われる一大イベント「広島みなとフェスタ」で、ワシントンホテルのシェフが考案された「廣島赤鶏ホワイトシチュー」が販売されます!
しかも、1杯300円!と、とってもリーズナブルです!!

日程:2015年3月7日(土)、8日(日)10:00〜16:00
場所:広島みなと公園 ぶちうま広場 ワシントンホテルブース
minatomaturi2.jpg

また、3/8日(日)には、ひろしまみなとマルシェ会場(通称:ジグザグ広場)の広島食鳥ブースで、廣島赤鶏の塩焼きが販売されます。去年のひろしまフードフェスティバルで大行列ができた人気メニューですよ。

廣島赤鶏は、ブロイラーの約1.5倍も大きいジャンボサイズで、ふっくらやわらかでジューシーな味わいが特徴の広島初の本格ブランド鶏。
ぜひ、この機会にお召し上がりくださいねー。
私も、レッドリーを連れて遊びにいきますよ!

(文:顔出しNGの看板娘@ガンちゃん)

【廣島赤鶏が食べられるお店】

【廣島赤鶏の仕入れ等のご用命は】
広島食鳥有限会社
電話:082-263-2207/FAX:082-264-5675 
メール:office@shokucho.jp
本社:〒732-0055 広島市東区東蟹屋町17番5号
定休日:毎週水・日曜日



posted by SO@R at 18:04 | 広島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●廣島赤鶏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SO@Rビジネスポート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。