最近の記事
2015年01月21日14時53分
こんにちは〜、ソアラサービスのガンちゃんですわーい(嬉しい顔)

今日も、ひろしま神楽女子広報ぶちょーとしてのお知らせです。

今週末、ひろしま安芸高田神楽 第4回東京公演が、東京都千代田区にある日経ホールで開催されます!

神楽は全国にも色々ありますが、広島神楽は演劇性が高く、スピード感あるのが特徴。ストーリがあるので、初めてのかたでも楽しく観ることができます。
私的には、広島の神楽は日本一!!

広島神楽が盛んな広島県の北部にある安芸高田市では、もっと広くひろしまの神楽を知っていただこうと、毎年1回東京公演を開催しているんです。
今年は美土里町の桑田天使神楽団さんが出演。春のさつき選抜神楽共演大会で見事優勝された実力ある神楽団さんです。
しかもこの東京公演は大人気で、チケットは早々に完売となっています。

で、なんとなんと、安芸高田市さんから、この東京公演に、ひろしま神楽女子に出動依頼が!
東京に行くことになりました!!
当日会場に設置する神楽関連グッズ物販コーナーのお手伝いをするために、私ガンが永遠のライバルアズアズ姉さんを引き連れて参上します。

今回の目玉商品はコレです!
kagurazyosi2.jpg
ひろしま神楽女子がプロデュースしたオリジナル手ぬぐい!
安芸高田市に22ある神楽団のシンボルマークを配置したとーっても可愛い手ぬぐいを限定販売。
1枚1,000円/限定30枚

そして、普段はめったにお目にかかれない受注生産品の神楽五色豆腐。
goshikidoufu2.jpg
goshikidoufu.jpg
神楽の基本色である、赤、青、黄、黒、白の5色をテーマとしたお豆腐。梅しそ、青大豆、柚子、ごま、プレーン味のまんまるの可愛いお豆腐です。
1袋1,000円/限定10袋

その他にも、マグカップ、缶バッチ、扇子、子供用神楽衣装、ポストカードなどなど神楽関連グッズをたくさん販売。
チケットを運良くゲットしてるわ!っという神楽通のかた、ぜひぜひお立ち寄りくださいね。

黄色のハッピが目印です。
kagurazyosi.jpg
お待ちしております♡

(文:宿泊はシングルベットにアズアズと2人寝@ガンちゃん)



posted by SO@R at 14:53 | 広島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 【モノづくりプロジェクト】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月20日14時31分
brog_ttl_azazrepo_B.jpg
ミドリムシやゾウリムシから、ガンちゃんの部屋に生えているカビ菌まで、アズアズを応援してくれている微生物のみんな、ごきげんよう。

世界遺産の島、宮島のおすすめ観光スポットや穴場情報、グルメ情報を、「砂の女」アズアズがblogでレポートするお時間がやってきましたわよ。

2015年になって初めての更新ね。
今年もアズアズ目線で宮島を紹介していくので、よろしくね。
この年末年始にも、宮島には大勢のかたが来られたそう。
宮島最古の寺院大聖院にも多くの人が来られ、私がPRを担当している 守り砂 もたくさんのかたに買っていただけたとのこと。
ワタクシってば、年末TVに出演してPRしちゃったからなぁ、うんうん、きっとそのおかげね。
TV.jpg

さて、初詣のお客さんが落ち着いたこの時期の宮島はとっても静か。
こんな時こそ、宮島を訪れることをおすすめするわ!
名称未設定-2.jpg
だって、人でごった返していると、風情が無くなってしまうこともあるでしょ。
人がまばらで静まりかえる裏道を歩いたり、大聖院の階段をゆっくり登って街を見下ろしたりしていると、なんだか懐かしい気分になって、タイムスリップでもしてしまったような錯覚に陥っちゃうのが、この時期ならではの楽しみかた。
0002.jpg
まぁ、ワタクシくらいのレベルになると、平安時代までトリップして、源氏物語の世界をどっぷり妄想しながら、和歌を詠んだりしちゃうんだけどね。

と、まぁとりあえず、腹が減っては仕事が出来ぬ、ということで、この時期の宮島と言えば、食べたくなっちゃうのよね、牡蠣。
中でもやっぱり焼牡蠣がNo1!
なんと、タイムセールで一皿3個入り500円!
牡蠣タイムサービス.jpg
これぞ閑散期のメリット!吸い込まれるように並んじゃったわ。
隣では、一皿を分けあって食べているラブラブなカップルが。ふん、1人1個ずつ食べて、残った1個はどうすんのさ!
・・・と、注文したら、牡蠣が4粒も。
名称未設定-3.jpg
「おねえさん美人だから1個おまけね」って、きっと牡蠣を売ってたおばさまは心の中で思っていたはずよ!
ラッキー♪と喜んで一人で焼き牡蠣を食べてたら、なんと鹿ちゃんが鞄をゴソゴソ漁りに。
名称未設定-5.jpg
左手には牡蠣の乗ったお皿、右手には爪楊枝にぶら下がった牡蠣、お口にも牡蠣・・・Oh no!
何の抵抗もできなくて、販促用に持ってきたチラシを1枚食べられちゃったわ。
しかも、それがちょっとした騒ぎになって、軽く人だかりが。
やだわ〜、もう、どこに居ても目立っちゃうのね。。。

さてと、お次は、厳島神社のすぐそばにある会社の女子たちにも大人気のカフェ レンテさんへ。
名称未設定-1.jpg
カフェ内観.jpg
昨年5月に開店。大願寺の境内を抜けた川沿いにある、大鳥居を望める絶景カフェよ!
カフェから見える景色.jpg
暮れなずむ空と厳島神社の美しい朱色のコントラストを楽しみながら、珈琲とホットサンド(生ハムとゴルゴンゾーラチーズ)をいただく贅沢なひと時。。。
カフェ記念撮影2.jpg
あ〜、役得、役得っと。

帰りには、商店街の宮島醤油屋本店へ。
醤油屋外観.jpg
気になったのがこれ。
醤油屋商品.jpg
「主婦絶賛 手抜き料理の素」って。よくもこんなに堂々と書いてくれちゃって。ちょっと気まずいけど、心に響くキャッチコピーだわね。

そして、今日のベストショットはこれよ。
名称未設定-4.jpg
そんなかわいい顔で見つめても、何も奢らないからね。

んじゃ、また〜

(文:アズアズ@ソアラサービス)

posted by SO@R at 14:31 | 広島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●アズアズの宮島レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月19日14時06分
こんにちは〜 ソアラサービスのガンちゃんですわーい(嬉しい顔)

今日は、ひろしま神楽女子広報ぶちょーとして、神楽好きにはたまらないキャンペーンのお知らせです。
tirasi.jpg

安芸高田市の地産メニュー「神楽五色麺」を食べて、店舗に設置のアンケート用紙に記入して、店舗の回収BOXに入れると、神楽門前湯治村の神楽無料鑑賞券や、神楽マニュアル本など、神楽好きには嬉しいプレゼントの他、安芸高田の特産品である、川根柚子商品や、えびす茶などが当たるかも!
1等は約15,000円相当の賞品がもらえますぴかぴか(新しい)

期間は2月28日まで。

そもそも神楽五色麺って・・・!?
神楽五色麺とは神楽の盛んな町安芸高田市が、神楽を盛り上げようと安芸高田市内の飲食店8店舗と連携し、神楽にちなんだご当地メニューを考案したもの。
どれも安芸高田産の素材を使用していて、売上の一部は地域の神楽振興のために使われているんですよ。

それでは、神楽五色麺のメニュー紹介いってみよー!

eko2.jpg
eko.jpg
安芸高田市高宮町川根1973
電話:0826-58-0001
営業時間:11:00-15:00
定休日:水曜

okaeri2.jpg
okaeri.jpg
安芸高田市吉田町吉田1005
電話:0826-42-3066
営業時間:11:00〜14:00ランチ営業17:00〜23:00
定休日:日曜(11:00-14:00迄) ※日曜17:00〜23:00営業

kaguramonnzenn2.jpg
touzimura.jpg
安芸高田市美土里町本郷4627
電話:0826-54-0888
営業時間:「権兵衛」11:00-22:00「ふくすけ」11:00-21:00「蔵」9:00-18:00
定休日:「蔵」水曜日それ以外無休

kado.jpg
kado2.jpg
安芸高田市吉田町桂37−1
電話:0826-43-1519
営業時間:9:00-21:00
定休日:水曜

mitinoeki2.jpg
mitinoeki.jpg
安芸高田市美土里町横田331-1
電話:0826-57-1657(代)
営業時間:11:00-18:00
定休日:無休

sasakitei2.jpg
sasakitei.jpg
安芸高田市向原町長田1143-2
電話:0826-46-2218(下兼)
営業時間:[火〜土]11:00〜16:00(ラストオーダー15:30)
[ランチタイム]11:00〜14:00
定休日:日曜、月曜、祝日

yasuragi2.jpg
yasuragi.jpg
安芸高田市向原町長田22−1
電話:0826-46-3987
営業時間:9:00-17:30
定休日:火曜・年末年始(12/30-1/4)

fuziwara2.jpg
fuziwara.jpg
安芸高田市向原町坂37-4 向原駅1階
電話:0826-46-2687
営業時間:9:00-18:00
定休日:日曜

夜叉うどんは、複数のお店で提供されていますが、店舗によって味や辛さが違っているので、食べ比べも楽しいですよ。
ぜひこの機会に安芸高田市で食事を楽しんでくださいね☆

(文:玉の輿券があれば@ガンちゃん)

posted by SO@R at 14:06 | 広島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 【モノづくりプロジェクト】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月16日18時29分
blog_ttl_REDREE.jpg
こんにちは!
ボクは、広島の安芸高田市で育っている広島の新しいブランド鶏「廣島赤鶏」のレッドリー。
廣島赤鶏をPRするのがボクの仕事。

廣島赤鶏をおいしく食べられるお店を紹介していくシリーズの第二弾は、広島市東区牛田にある、な・な・なんと!あの日本料理の名店「喜多丘」さんなんだよ!!
kitaoka1.jpg
ミシュランにも認められていて、広島の食通なら誰でも知っている素敵な名店。こんな店に廣島赤鶏をつかってくれているなんて、とってもうれしいなぁ〜

入口からさすがの店構え。あ〜、緊張するなぁ・・・
kitaoka2.jpg
ドキドキしながら店内へ。

カウンターでお迎えしてくれたご主人の北岡さんは、大阪・京都の一流料亭で修業されたあと、地元の広島で「喜多丘」をオープン。
今では、「広島に喜多丘あり」と言われる名店に。
kitaoka5.jpg
いきなりカウンターの中まで案内されて、、、
いえ、あの、ボクは広報係なので、調理しないでね。。。

まず見せていただいたのは、「松風」。
kitaoka9.jpg
kitaoka3.jpg
廣島赤鶏のひき肉に芥子の実を散らして焼き上げた料理。
2種類の挽き方のミンチ、卵、山椒、松の実、味噌、砂糖などなどを、すりこぎでゴリゴリして、蒸し焼きにしてあるんだ!
kitaoka8.jpg
口当たりが滑らかで、味わいが、深い…!
繊細で濃厚な味。日本酒はもちろん、ワインにもピッタリだよ。

次いては、廣島赤鶏の黄身からし焼き
kitaoka7.jpg
ボクたちの特徴であるふっくらジューシーな食感が際立っていて、おいしい!
味も、お酒を楽しむのに、絶妙なバランスで仕上げてあります。

最後は、廣島赤鶏のつみれみぞれ鍋
kitaoka4.jpg
う〜ん、優しいなかにもコクがある。
つみれの食感とみぞれとの組合せがピッタリ。
どれも本当においしいなぁ。

北岡さんにボクたちの魅力を聞いてみたら、
「ジューシーで、うまみがある。まぁ一回、買うて食ってみんさい。食うたらわかるよ。」
とのこと。

北岡さんは、これまであまり鶏肉を扱っていなかったんだって。
でも、廣島赤鶏に出会って、広島にもいい鶏肉がある、と認識してくださったそう。
「食材がだめだったら、いくら料理人の腕が良くてもだめ。広島の食文化を今からもっと上げていくためにゃあ、こういう食材を活かさんといけんのよ」
と北岡さん。
最高峰の腕を持つ料理人さんにそう言っていただけるなんて、とっても幸せだよーーー!!

大切な日のお食事にぜひぜひご利用くださいな。
完全予約制なので予約をお忘れなくね!


日本料理 喜多丘
〒732-0066 
広島市東区牛田本町3丁目2−20 牛田グランドハイツ B1F
電話:082-227-6166


(文:レッドリー@廣島赤鶏)

posted by SO@R at 18:29 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●廣島赤鶏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月15日19時00分
こんにちはソアラサービスのよっし〜です。

最近よく耳に入ってくる言葉、
「よっし〜太った?」 by FLY HIGHのメンバーのお姉さま
「よっし〜さん、朝礼の時に思ったんですけど、太りました?」 byソアラスタッフ

えーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

でも、確かに♪ 正解♪ ぴんぽーん♪

どうしよう・・・・・お正月のお餅?動いてないから?食べたらすぐ寝るから?起きたらすぐ食べるから?
太る要素ありすぎで、むしろよくわかりません。。。
でもみなさんがちゃんと事実を言ってくれたこと・・感謝です。
私、がんばる〜〜〜涙

さて、気を取り直して本題です!(前置き長いですか、すみません)
よっし〜が担当しているコワーキング型創業支援制度【FLYHIGH】。支援プログラムの一つとして、支援メンバーが講師となってのワークショップを開催しています。
本年初のワークショップは、宮城育枝さんによる「日本の心で包む、折形ラッピング」
sDSC04968.jpg
ケータリング事業を目指される宮城さん、今回は得意とされる「折形」についてワークショップしていただきましたよ〜。
日本人て素晴らしい!と思えるワークショップでした!

折形とは武家社会の礼法の一つで、和紙を使い進物を包んで手渡すやり方と、儀式に使う和紙の飾りを総称で、上級武家のみが使用していた特別な和紙を目的別に使い分ける日本独自の文化らしいのです!
様々な用途に合わせた“折形”があり、その形で入れるものが決まっていたそうです。
sDSC04961.jpg

日本の女性として心得を学ぶためにソアラの若手スタッフも参加!
宮城さんがわかりやすくはし袋・のし袋の作り方から、その折り方の意味、お金を入れる向きまで教えてくれました!

sDSC04952.jpg
なるほど〜の連続!男性陣も必死です!

sDSC04947.jpg
よっし〜手先の不器用さが身に沁みる・・・

すべてにちゃんと意味があって、「福が訪れますように・・・」そんな思いがそっとこもった粋な日本の作法。改めて日本は素敵だなと思いました。そして何より!かわいいのです!じゃじゃん!
sDSC04955.jpg

女心がキュンキュンキューン!
sDSC04959.jpg
そして楽しい〜〜〜♪

普段の生活の中でつかえる“折形”。紙を折るだけで色々な入れ物ができるなんて、昔の人って本当にすごいな〜。
このような包みでちょっと届いたら心に残りますよね(^^)
ワークショップ終了後なんだか日本人の心を取り戻したようなほっこり、温かい気持ちになりました。
今回、参加者のみなさんに高価な和紙と水引を用意してくださった宮城さん、本当にありがとうございました!
ちょっとよっし〜ハマりそうです♪

あ、こんな素敵な作法習ったんですもの、いい女にならなくちゃ。
ダイエットがんばらせていただきます!ウッス!!
結果は必ずこのブログにて発表します。ぶひ。

(文:よっし〜@ソアラサービス)









posted by SO@R at 19:00 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |  ●よっし〜の背のび日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SO@Rビジネスポート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。